スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter (2010/02/15)

「あっ、雪…」男はつぶやく。真っ白い雪がゆっくりと降りて地面を白く染め、見る見るうちに積もっていく。男の冷え切った体も徐々に周りと同色に染まっていく。男はあらぬ方向に曲がった足を見つめ再びつぶやく。「発見されるのは来春かな…」そして静かに目を瞑った… #twnovel

※twitter保管
スポンサーサイト

twitter (2010/02/12)

@teomasao 「今逢えないかな?」「急にどうしたの?」「大事な話が…」「電話じゃダメなの?」「うん、逢って話したいの…」「わかった、すぐ行くから待ってて」そして、数時間後。「えっ、彼が事故?!」「何か急いでいたみたいで、車に気がつかなかったみたいなの…」 #twnovel

返信元のついのべはこんな感じ

「どうした?」「博士、片想いの彼がバレンタインのチョコを受け取ってくれるかどうか……」「それならワタシが、タイムマシンで見てきてあげよう」。そして、数時間後。「博士、どうでしたか?」「今すぐ渡してきなさい! 彼は明日天国に行ってしまうぞ」 #twnovel


※twitter保管

twitter (2010/02/08)

公園に咲く薔薇の花を見て彼女は冗談っぽく呟く。「美しいものには棘があるって言うけど、私にも棘があるから気を付けてね」僕は速攻で答えた。「美しいものには棘があるとは言うけど、棘があるものが美しいとは言わないよ」 #twnovel

※twitter保管

twitter (2010/02/06)

寒さは僕の体温を遠慮なく、そして容赦なく奪って行く。僕の体は体温を保とうと小刻みに震えている。ふいにやってくる睡魔。僕を死の淵に誘い込む。遠くから微かに聞こえてくる人の声。僕はもうだめなのか… バシッ!頭を叩かれ、いつもの台詞が聞こえる「しっかり仕事しろ!!」 #twnovel

@rurigawa 神様「そこを何とかって…一万年前も大変だったんだから…え?良いアイデアがあるって?数年後に勝手に破壊するから、それを待てば良いって…おぉ、確かに経費削減になりますね」 #twnovel

返信元のついのべはこんな感じ

#twnovel 神様「え、直すの? あれは使い捨てのつもりで設計したんだけど…」

※twitter保管

Becoming / Ari Koivunen

<< This is 眼力 その2 >>

Becoming / Ari Koivunen


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Under The Burning Sky」
        「Sign of our Times」
        「Hero's Gold」

こちらも負けず劣らずの眼力ですね。白目の中の血管まで見えちゃってます(苦笑)

デビューアルバムである前作『Fuel for the Fire』でフィンランドの記録を塗り替えた、オーディション番組「IDOLS」の優勝者Ari Koivunenのセカンドアルバムが早くも登場です。

前作では北欧の有名どころのアーティストが曲作りに参加していて、“優勝おめでとう!”的なアルバムだったために、このアルバムで真価を問われるところですが、“まぁまぁ”って感じですかね。やっぱりボーカルは上手いんですが、それまでって感じで、今一つ物足りないというか、もう一癖あった方が良いんですけどね~ 曲が普通になった(作曲はバンドのメンバーとの共作となっています)だけに、もう一工夫欲しいです。

そんな中でも北欧らしい疾走曲では上手くハマるところがあるので、前作でも示したように楽曲さえ恵まれれば、その実力はさすがですので、これからの成長に期待ですね。

ちなみにジャケではかなり睨みをきかせてますが、インナーの写真では"一番"とプリントされたシャツを着たりして、ちょっとお茶目なところを見せています。


プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。