スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Death Magnetic / Metallica

<< “原点回帰”という名の進化です >>

Death Magnetic / Metallica


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「The End of Line」
        「The Day That Never Comes」
        「Suicide & Redemption」
        「My Apocalypse」

メタル界の最重要バンドと言っても過言ではないMetallicaのニューアルバムが出ました。

今回のアルバムは、発売前にインターネットで限定のコンテンツを楽しめるためのディスクを先行発売したり、数ヶ月前から話題になっていました。数ある噂の中でも一番気になったのが、

  初期の頃の音に近くなっている...

この “初期” というのが微妙で、『Ride The Lightning』という人もいれば『Master of Puppets』という人もいたりしたのですが、いずれにせよ期待は大きく膨らみます。

さて早速、世界同時発売日(9月12日)に購入し、これまた早速聴いてみたのですが...

    あれっ? 音が軽い??

期待していた『Master of Puppets』のようなハンマーで殴られたようなヘヴィな感じも無く、『Ride The Lightning』のような痛いほど鋭いスラッシーな感じも無い... むしろドラムのスネアをつけた『St.Anger』と言った方が近い? 恐らく原点回帰というよりも、『St.Anger』を昇華させたというか、充実した精神状態で演奏したような、そんな第一印象でした。物足りない感はありますが、嫌いな音じゃないから良しとするかなって感じですね。

全体的に秀曲そろいなのですが、 “必殺曲” 的な感じの曲が無いのがちょっと痛いかな。それとブックレットが “墓穴仕様” らしいのですが、歌詞が欠けていて見えないのはいただけませんね。そしてあまり触れたくはないのですが、“The Unforgiven III” はムダ。別にUnforgivenのタイトルを付けなくても良かったのでは? インタビューでは「俺たちは“Unforgiven IIIを作ろう!”なんて思ったわけじゃなく、出来上がった曲を聴いたらリフと曲のテーマが“Unforgiven”だった」とか言っているようですがね。でもファンにとっては“Unforgiven”なんてタイトルを付けられたら、かなり期待しちゃいますよね。おまけに次は“IV”と期待するわけで...

あっ、決して悪いアルバムではなく、むしろかなり出来は素晴らしいと思います。ただ過度な期待はしない方が無難ですので、気をつけて下さい。
スポンサーサイト

ぶっ生き返す / マキシマム・ザ・ホルモン

<< 相変わらずぶっ飛んでます! >>

ぶっ生き返す / マキシマム・ザ・ホルモン


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:「ぶっ生き返す!!」
      「絶望ビリー」
      「ブラック¥パワーGメンスパイ」
      「アカギ」
      「What's up, people?!」
      「恋のメガラバ」

更新が滞っている間にマキシマムザホルモンの2年ぶりのアルバムが出てましたね。

相変わらずホルモン節炸裂!!って感じですが、アニメ(デスノート、アカギ)に使われている曲も多く、また曲全体が非常に聴きやすくなっているので、お子様でも(...ん、ダメ?!)安心してオススメできます。あっ、でも裏ジャケットはお子様にはNGかもw

裏ジャケはこんな感じ=>ura


それと蛇足になりますが、胎教には非常に好ましくありません(爆笑)

Send Away the Tigers / Manic Street Preachers

<< 期待度120% (予定変更2)>>

Send Away the Tigers / Manic Street Preachers


   おすすめ度:★★★★★(<=恐らくw)
   おすすめ曲:全曲(<=恐らくw)

すみません。またまた予定変更です(苦笑)

さらに発売前(輸入盤は発売済ですが)なのに、あまりにも期待度が高いので、フライングでちょっとだけ触れておきます。

私が愛して止まないバンドManic Street Preachersのアルバムが5月23日に発売されます。それに先駆けてシングル“Your Love Alone Is Not Enough”が発売されたのですが...


   良いーーーーーー!!!

初めからやられちゃいました(笑) もう、何でこんなに良い曲が次から次へと書けるのか、本当に不思議です。

このシングルはThe CardigansのNina Perssonとのデュエットになっていますが、マニックスでデュエットと言ったら“Little Baby Nothing”。ファーストアルバムのこの名曲も超えてしまう程の出来です。

おまけにこの曲ではベースのNicky Wireがコーラスで歌っているのが、また最高!! ソロアルバムでは『???』なモヤモヤ感がありましたが、これでボーカリストとして目覚め、今回のコーラスに繋がったのなら、意味があったのかも知れません。

なお、すでに輸入盤の試聴は出来るのですが、初めて聴いた時の感動が半減しないように、CDショップに言っても我慢しています(笑)


ではロック検定に向けて...

ここで問題!! (ジャッジャッ)

【マニックスの名曲の1つ“Little Baby Nothing”でデュエットしている女性は誰?】

1.アンナ・ニコル・スミス
2.オリビア・ニュートン=ジョン
3.マリアンヌ・フェイスフル
4.トレイシー・ローズ

【またこの曲のラストのサビの歌詞で正しいのはどれ】

1.You're Pure, You're Snow
2.You're Evil, You're Blood
3.You're Smart, You're Star
4.You're Beautiful, You're Beautiful

正解は...

続きを読む

The Black Parade / My Chemical Romance

<< 今年のベストアルバム候補に急浮上!!! >>

The Black Parade / My Chemical Romance


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:「Dead!」
       「Welcome to The Black Parade」
       「Mama」

最近、歯医者に通っているため、ブログを更新している時間も無く、さらにこれと言ってコメントを書きたくなるようなアルバムの無く...そんなこんなで年末を迎えようとしたところで出ました!!! 今年のベストアルバム最有力候補アルバム!!!

My Chemical Romance(以下、マイケミ)の3枚目(メジャーデビューから数えると2枚目かな?)のアルバムです。

日本版が発売される前に輸入版ですでに大ヒットを記録していたので、相当期待をしていましたが、その期待を裏切らない素晴らしい出来上がりです。

The Black Paradeという別の姿で語られる、“死”テーマにしたコンセプトアルバム。Black Paradeというのは“葬列”ですかね。同じコンセプトアルバムということで、Green Dayの「American Idiot」を引き合いに出したコメントが多いのですが、音の幅広さやメロディアスさはマイケミの方が上かな。特にファーストシングルの“Welcome to The Black Parade”はQueenを思わせるような音で、最初に聴いた時には、あまりのかっちょ良さに鳥肌が出てしまいました。

当然のごとく日本版は発売日に購入。さらにそれでは物足らず、輸入版のボックスセット(手触り最高!w)も買っちゃった位にはまっちゃいました...(爆死)

すでに大ヒットしているので勧めるまでもないのですが、万が一、期待外れじゃないかという不安があって、手にしていない人がいるならば、素直に良いアルバムですので、是非聴いて下さい!!!(特にGreen Day好きならば、間違いなくオススメです)

DVD 「Mylene Farmer Music Videos IV」

<< Mylene Farmer Music Video Ranking Vol.3 >>

フランスの歌姫、Mylene Farmerの新しいPV集が発売されたので、早速で購入しました!!

mdvd4


前回同様に収録された8曲の論評をしてみます。

※曲名の左の数字は左から順に「曲の順番」「曲の順位」「PVの順位」となっています。
(順番は曲順です)

01.(03)(03) LES MOTS

ベストアルバム『Les Mots』の限定盤ボックスセットのボーナスDVDに収録されていたSealとのデュエット曲のPV。MyleneのPVの場合、時々(かなり?)不思議な場面で歌っていることがありますが、今回は遭難しかけているイカダ(それも丸太の手作り風w)の上で歌っています。それも荒波の中。そして筋骨隆々のSealが溺れるという意外な展開... 二人で渋く歌うような渋いPVの方が合っていると思うんだけどなぁ。でも曲が好きなので、風変わりな状況でもあまり気にならないですね。

02.(08)(06) C'EST UNE BELLE JOURNEE

Mylene自身がデザインした女の子と犬が出てくるアニメーションPV。いかにも外国の人が描きましたっていう感じのタッチの絵です。女の子が異常にグラマーなのが気になりますが、出てくる動物達は可愛いですね。ちなみにストーリーは良く分かりません...(苦笑)

03.(07)(02) PARDONNE-MOI

いや~、これは意外な掘り出し物のPVですね。始めはモノクロ画像の中、渋く歌っているだけだと思ってましたが、そこはMylene、そして監督が片腕のローレンブトナ!! ただじゃ終わらせません。ふと見上げたその目は... ホラー映画も真っ青って感じです。

04.(01)(01) FUCK THEM ALL

これも最新アルバム『Avant que l'ombre』のボーナスDVDに収録されていたPVですが、このMyleneはカッコイイ!!! 檻の中に囚われているMyleneも良いですが、やはり男勝りの凛々しさを魅せて復讐に向かうMyleneは最高です。ストーリーは分かるようで分からないですが...w でも、そんなことは問題無し。曲、PV共に良い出来です。

05.(02)(07) Q.I.

曲は好きなんだけど...と思わせるようなPV。凛々しさを魅せたと思ったら一転、今度はお色気路線です。綺麗なんだけど、もうベッドシーンは要らないのではないでしょうか。さらに良~く見ると、非常にグロテスクなことが... 言葉で説明しにくいのですが、生々しいホラーって感じでしょうか。

06.(06)(04) REDONNE-MOI

ビミョーなPVです。曲も綺麗、PVも綺麗、だけど捻りが無い...って感じです。渋い雰囲気は3.PARDONNE-MOIと同じですが、アッと思わせる展開に慣れてしまったせいか、何も無いとどこか物足りない気がします。

07.(04)(08) L'AMOUR N'EST RIEN...

も~、お色気路線爆発です(苦笑) Myleneが歌いながら1枚1枚服を脱いでいる、ただそれだけです。ストーリー的に意味の無いPVが多いと言っても、これじゃあねぇ...

08.(05)(05) PEUT-ETRE TOI

2曲のC'EST UNE BELLE JOURNEEに続いてアニメーションによるPVです。しかし今度のアニメーション制作はあの『攻殻機動隊』で有名なProduction I.G。さすがジャパニメーション、出来が全然違います。Myleneらしき女の子が武器を片手に逃亡、逃げ延びて地上に出たその時... 出来は良いのですが期待が大き過ぎたせいか、ちょっと拍子抜けかな。もう少し長くして、短編映画風にしてしまった方が良かったかも知れません。

出しているアルバムも少ない(というか、前回のPV集を出してから今作まで、1枚しかオリジナルアルバムを出していないんですよね)からしょうがありませんが、やっぱり8曲は少ないですね。今度はアルバムと共にもう少し多めに(ライブ映像を含んでも良いので)作ってくれることを期待しましょう。

(気に入ったら、前の作品も是非!)

「Mylene Farmer Music Videos I」
MylenePV1


「Mylene Farmer Music Videos II & III」
MYLENEPV2

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。