スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Condition Critical / Quiet Riot

<< また一人惜しい人を亡くしましたよねぇ...(涙) >>

Condition Critical / Quiet Riot


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Mama Weer All Crazee Now」
        「Party All Night」

Rattがブレイクするちょっと前、まさにLAメタルブームの引き金を “Cum On Feel The Noize”という名カバー曲で引いたのが、このQuiet Riot。80年代に洋楽を聴いた人ならば誰しもが聴いたことがあるフレーズでしょう。

そんな大ヒット曲を生み出した、これまた大ヒットアルバム『Metal Health』に続くアルバムです。(大ヒットアルバムを取り上げないあたりが、このブログの特徴...ナンテねw)

前作が売れ過ぎたせいか全く見向きもされなくなったアルバムですが、その勢いと音は全く変わっていません...というか、変わったところが無ければ聴く意味ってあまり無い?! おまけにジャケットも変化が無いときたら、行く末は見えてますね(苦笑)
<=ちなみ『Metal Health』はこんな感じ

こんな過小評価されてしまったアルバムですが、前作と同じな分、音自体は非常に聴きやすいポップメタルです。ファーストシングルの“Mama Weer All Crazee Now”も一度聴いたら頭にこびり付いてしまうようなフレーズの繰り返しで、同じSladeのカバー曲で二匹目のドジョウといきたかったところなのですが...まぁ、世の中そんなに甘くないということですかね。

そして本当に残念なことにヴォーカルのKevin DuBrowが年末にドラッグのオーバードーズで亡くなってしまいました。また一人、80年代のメタル最盛期の象徴とも言える人がいなくなってしまったようで、淋しい限りです...(泣)

(追記)
Quiet Riotと言えば、名ギタリストRandy Rhoadsも失っているんですよねぇ...
スポンサーサイト

Operation:Mindcrime II / Queensryche

<< 最高傑作の続編、その結果は? >>

Operaion:Mindcrime II / Queensryche


おすすめ度:★★★★★(<=ほぼ文句無し!)
おすすめ曲:「Signs Say Go」
      「The Chase」
      「Murderer?」他

とうとう出ました! HM/HR史上最高傑作と言っても過言ではないアルバム『Operation:Mindcrime』の続編です!!

物語は前作で殺人の罪で捕まってしまった主人公ニッキーが出所するところから始まります。そして最愛のメアリーを殺した真犯人を探し出し、さらに自分を殺し屋としてマインドコントロールしたドクターXへの復讐を果たそうとします。

   復讐は達成できるのか? そして復讐した先にあるものは??

詳しくはCDを買って、歌詞カードを熟読して下さい(笑)

前作が出たのが18年前。当時もそして今も最高傑作と言われ続けてきました。そしてその続編ですから、期待するなって言う方が無理があります。

結果は...

   やっぱり傑作です!!!!!

最初のインパクトこそ前作に劣るものの、聴いているうちにだんだんとその凄さが伝わってきます。特にドクターXを追い詰め、復讐を果たす場面である「The Chase」と「Murderer?」は最高の山場で、この緊張感は他のアルバムではなかなか味わえないものがあります。

映画でもそうですが、パート2ものは往々にしてコケル傾向にあるので、もしかしたら中にはちょっと引いたり、躊躇している人がいるかもしれません。しかし決して期待は裏切りません。まずはこの続編が完成し、発売されたことに感謝して、一度は聴いてみることを強くお薦めします。

なお、かならず前作も聴くようにして下さい。そうしないと魅力が半減してしまいますので...

Operation:Mindcrime / Queensryche

<< 祝! 続編完成!! >>

Operation:Mindcrime / Queensryche


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:全曲(<=通しで聴いて下さい)

今年1枚目の作品は、HM/HR界では知らない人はいないほど有名なQueensrycheの出世作である『Operation:Mindcrime』!!

コンセプトアルバム自体はこれまでにも幾つか発売されていましたが、この作品が卓越していたのはそのストーリー。単におぼろげなテーマを追うのではなく、そのしっかりとしたストーリーは、ほとんど小説を読むかのようです。

さらに音の方も曲間のSEも含め、細かいところまで計算され尽くしたかのような完璧な作りです。当時は物凄いアルバムと騒がれましたが、本当に良い意味でも悪い意味でも “Queensryche = Operation:Mindcrime” のような感じになってしまいました。

そしてこの傑作アルバムの続編が3月に発売されることになりました!!

詳細は今月号の雑誌『BURRN!!』に載っていますが、それによると20年後の設定で、刑期を終えた主人公(ニッキー)の物語(悔恨? 復讐?)になるようです。

しかし楽しみなのには間違いないのですが、ブレーンであったギターのクリスが脱退した今、果たしてどんな続編になるのか...かなり不安でもあります。Helloweenの『Keeper~』は成功だと思いましたが、今度はそれ以上にハードルが高いと思うので、相当素晴らしい作品に仕上げないと、評価されないのでは...??

ところで余談ですが、このアルバムの中で主人公のニッキーがヒロインのメアリーの殺しを依頼され、教会で二人のやり取りが繰り広げられる場面があります。(曲は “Suite Sister Mary”) この場面でニッキーはメアリーを殺してしまったのか、私の周りで議論を交わしたことがあります。友人は「見逃して逃げた」と言うのですが、私は「殺してしまって、それを後になって後悔している」と思っています。聴いた方はどのように思いますか?? (これも3月の続編で判明するのかな?)

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。