スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Generation Terrorists / Manic Street Preachers

<< 伝説はここから!! >>

Generation Terrorists / Manic Street Preachers


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:「Slash N' Burn」
        「Love's Sweet Exile」
        「Little Baby Nothing」
        「Motorcycle Emptiness」他、全曲?!

思い入れが強すぎてコメントが出来ないバンド Manic Street Preachers、衝撃のデビューアルバムです。

今でこそ大人のロックを聴かせていますが、この頃はまだまだ勢いの方が先走ってしまって、かなり荒削りな感じがします。しかしそんな中でも楽曲の素晴らしさは垣間見られ、特に「Motorcycle Emptiness」は名曲中の名曲と言っても良いでしょう。(ちなみにPVは日本で撮影されています)

しかしこのアルバム、そんな素晴らしさとは裏腹にいわくつきでもあります。

アルバム発表前、彼らはメディアを通じて「二枚組みのアルバムを作って全英、全米でナンバーワンを獲ったら解散する!!!」と宣言していました。しかしいざ発売されると普通に1枚のアルバムだし、また当然のことながらナンバーワンは獲れませんでした。

その後、バンドは解散...なんてことはなく、あっさりと撤回しセカンドアルバムの製作に入ったのでした...

そんな背景を知った上でマニックスのアルバムを聴くと、さらに思い入れが強くなって、まともに聴けなくなるんですけどね。

スポンサーサイト

Music Of The Sun / Rihanna

<< ポン! です >>

Music Of The Sun / Rihanna


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Pon De Replay」
        「Music Of The Sun」

全米で「Pon De Replay」が大ヒットしているRihannaの大注目デビューアルバムです。

このアルバムの1曲目でもある「Pon De Replay」がレゲエちっくなヒップホップで、まさに“つかみはOK!!”って感じではまってしまうキラーチューン!!!

前半はこの勢いのまま非常に心地の良いリズムの曲が続くのですが、後半になるにつれてちょっと印象が...いや、悪い意味ではありません。初めはレゲエ、ヒップホップ色が強いのですが、後半はむしろR&B色が強くなります。特に歌い上げのバラードなんかは、完全なR&B! 「Pon De Replay」では分からない歌の上手さが光ってきます。

デスチャ、ビヨンセ、シアラあたりが好きな人ならば、間違いなく受け入れられることでしょう。

あとは「Pon De Replay」だけで終わらないことを祈ります。

物語のようにふるさとは遠い / 富岡多恵子

<< なんだ、これは?! >>

物語のようにふるさとは遠い / 富岡多恵子


おすすめ度:?????( <= 評価不可)
おすすめ曲:アルバム全体の雰囲気 ( <= 曲じゃないって!)

なんかすごいアルバムに出会っちゃいました...

以前にMylene Farmerについてコメントを頂いていたドラム小僧さんのブログで紹介されていたこのアルバム、気になってCDショップで探していたところ、1枚だけ発見! 即購入しちゃいました。

そこで恐る恐る(笑)聴いてみたところ...

    なんじゃこりゃ?! <= 松田優作 風

聴き易いシンセサイザーの音に合わせて、性別不特定の声で、何やらとても怪しい詩を唄って(語って?)います。先述のドラム小僧さんのブログおよびライナーノーツなどを参考にすると、この富岡多恵子なる人物、詩人・小説家・エッセイストという肩書きを持ち、このアルバムは“詩”と“歌謡曲”に対する謀反として「企てられた」ものだそうです。

そしてその詩人が音楽面の裏付けとして指名したのが、若き日のあの坂本龍一(教授)!!! 何ともすごい組み合わせです。

さて難しいことはここまでにして聴いた印象は、坂本教授の音楽センスのおかげなのか、そこまで重いものは感じませんでした。きっと歌詞(詩)を前面に出したかったのでしょうが、もしそうであれば自分で唄わず、もっとインパクトのあるボーカリスト(中島みゆきに唄ってもらいたいなあ...)を使うべきだったのかも。

もしもう少しアレンジを加えれば、今頃はエポックメイキング的なアルバムとして評価されたかも知れませんね。

若き日の教授の音楽に興味がある人、この富岡多恵子という人物に興味がある人、もしくは怖いもの知らずの人は試してみては如何でしょうか?(なお、視聴できるサイトもレンタルCDも無いと思います)

買っちゃった!

ドラム小僧さんお勧めの富岡多恵子のCD、買っちゃった!

これから映画『恋する神父』を観ます!!

Most Wanted / Hilary Duff

<< これぞ正統派アイドル!! >>

Most Wanted / Hilary Duff


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「So Yesterday」
         「Wake Up」
          +綺麗なジャケット(...曲じゃないか)

TVドラマシリーズ「リジー・マグワイア」で有名なアイドルHilary Duffのベストアルバムです。

当初、買おうかどうか迷っていた(アイドル路線は正直な話、私のキャラには似合わないので)のですが、可愛いし作曲人も良い面子が揃っているし、おまけに同じブロガーの砕華さんの推薦もあったため、恥ずかしながら発売日からかなり後に買ってしまいました。

典型的なポップスなのですが、その一曲一曲の出来が良い! そんな楽曲を明るく元気良く歌っているものだから、聴いているこっちまで元気が出てくるような、そんなアルバムです。

ただあまりにも“アイドル”仕立てで健全すぎるため、私のような汚れた人は、ちょっと引いてしまうかも知れませんけど...

※初回限定盤にはPVが入ったDVDとミニ写真集が付いています。めちゃめちゃ可愛いので、もしまだ手に入るようであれば、絶対初回限定盤を薦めます。

コメントの編集機能について

先程わかったことなのですが、

投稿に対するコメントの編集はパスワードを設定しないと出来ないのですね。

これまで何回か誤ってコメントを書き込んでしまい、その都度編集・削除しようと試みたのですが、何も変化がないので、変だなって思っていました。Q&Aで検索したら、同じような質問が何回か出ていましたね。

これまで私が誤ったコメントを書き込んでしまったブログの管理者さん、この点に気付かずに投稿してしまって申し訳ありませんでした。

※でもこれって、ちょっとわかりにくいですよね...

Contraband / Velvet Revolver

<< まさに男の色気! >>

Contraband / Velvet Revolver


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Slither」
        「Fall to Pieces」

元Guns n' Rosesの3人と元Stone Temple PilotsのScott Weilandらが結成したロックバンドのデビューアルバムです。

曲はさすがにGuns n' Rosesの3人がいるだけに、そのつもりで聴くと同じ様な雰囲気の曲が多いのですが、特筆すべきはScott Weilandのボーカル!!

元々ドラッグの影響で施設を行ったり来たりしているような人ですが、ものすごい危険なにおいがプンプンしています。PVで歌っている姿を見ても何処かにイっちゃってるような感じさえさせる雰囲気です。

   でも、これがものすごくカッコイイ!!!!!

これ程の強烈な個性とオーラを持ったボーカリストは、滅多にお目にかかれるものではありませんので、これからもドラッグに陥ったりせず、続けていってもらいたいものです。

All About Eve / All About Eve

<< 隠れた名盤 >>

All About Eve / All About Eve


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Wild Hearted Woman」
        「Every Angel」

イギリスの正統派ロックバンドが88年に発表したデビューアルバムです。

このバンドはなんと言ってもボーカルのJulianne Reganの美貌...じゃなくてその声!(顔も綺麗ですよ...本当に) 時に安らぎを与えるような声であり、また時には力強く励まされるような声なんです。今風に言えば“癒し系”、“励まし系”になるんでしょうか。

曲も温かみのある、聴きやすいメロディがとても良いです。

ジャケットも含めて、かなりおすすめです!!

※時々、ライブ盤が発売されていますが、まだ活動はしているんでしょうかねえ...

Breakaway / Kelly Clarkson

<< 女は化けるっていうけど...>>

Breakaway / Kelly Clarkson


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Since U Been Gone」
        「Behind These Hazel Eyes」

アイドル発掘番組「American Idol」の第1回優勝者、Kelly Clarksonのセカンドアルバムです。

デビューアルバムでは歌の上手さを思う存分にアピールしたような楽曲が多かったのですが、今回はロック色が強く、歌の上手さもさることながら、楽曲も格段に良くなっています。

...と、アルバムの紹介はここまで。

実はプロモーションで来日した時のイベントで“生Kelly”を見ました。

アルバムジャケットでもPVでもちょっとロックした格好良い/綺麗系の女の子なので、どんな感じかなと思ったら...

   普通のアメリカの女の子じゃん!!

そう、化粧が違うのか、格好が普通だからなのか分かりませんが、どう見ても普通の、どこにでもいるような娘にしか見えないんです。サイン会の時も同年代の女の子に気さくに話しかけているし...

  結論:やはり女は化ける!

Buachompoo / Buachompoo

<< 音楽は世界共通!! >>

Buachompoo / Buachompoo


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Sunshine Day」

実は別のアルバムですがジャケ買いしちゃってます...

昨年、タイに行ってホテル近くのCDショップを物色していた時に彼女のCDを見つけ、即購入しました。

部屋に戻り早速聴いてみると、これが良い!! 普通のポップス、日本で言えば歌謡曲の部類に入るのかも知れませんが、音がとっても心地良い感じなのです。

ただ中身が全てタイ語なので、何を歌っているのかはもちろん、歌っている彼女の名前も「ぶあちょんぷう??」ってあやふやでした。(まさにジャケ買い!!)

そこで日本盤を探したところ、この1枚だけが発売されていました。

タイポップスはなかなか触れる機会がないと思いますが、ちょっと懐かしい感じの曲が多いので、興味のある方はぜひ!

※ 風の噂によると、来日していたとか... 詳細をご存知の方がいらっしゃたら、どんな感じだったか教えて下さい。

Jagged Little Pill Acoustic / Alanis Morissette

<< 彼女のベストアルバムはやはりこれ! >>

Jagged Little Pill Acoustic / Alanis Morissette


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「You Oughta Know」
        「Hand In My Pocket」

全世界で大ヒットを記録したデビューアルバム「Jagged Little Pill」の発売10周年を記念して、全曲アコースティックでアレンジしてレコーディングされたアルバム(企画盤?)です。

普通、アーティストがデビュー10周年とかでベストアルバムを発売するとかいうのは良くある話ですが、1枚のアルバムに対して発売10周年を記念して、それも全曲レコーディングし直すなんて、私は聞いたことがありません。

※ Manic Street Preachersの「The Holy Bible」が同じく発売10周年を記念して、全曲リマスターして出していますが...

でも、それだけこのアルバムが素晴らしいということなのです!!

当時、Madonnaのレーベルからデビューした頃は話題の方が先行していた感がありましたが、いざアルバムが発売されシングルが1枚、2枚と発売されるにつれ、話題だけでは無く音楽性も評価され、気が付けば大ヒット! 今では全世界で3,000万枚を売り上げちゃってます。

さすがに楽曲が良いだけに、アコースティックでのアレンジも味があって良いのですが、やはりオリジナルと聴き比べることをおすすめします。


それにしても時が経つのって早いですよね...

Here Come The Tears / The Tears

<< これこそまさに化学反応!! >>

Here Come The Tears / The Tears


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Imperfection」
        「Lovers」

元SuedeのボーカルのBrett AndersonとギターのBernard Butlerが新しく結成したバンドのファーストアルバムです。

Suedeのセカンドアルバム作成中に喧嘩別れとなってから10年以上、途中まったくお互い口を利かないような状態が続いていましたが、再びタッグを組んで本当に素晴らしいアルバムを完成させました。

バンドに一人残ったBrett Andersonも、別のボーカルやソロなどで活躍したBernard Butlerもそれぞれ持ち味を活かした活動をしていましたが、やはりこの二人が組むとやはり違います。

ボーカルとギターが張り合っているようにも聞こえるのですが、むしろお互いを高め合っている感じで、まさに「1+1=2」ではなく「1+1=3以上」の結果となっています。

後はもう大人なんだから、再び喧嘩別れ...何てことにならないように祈るだけです。

Angel Of Retribution / Judas Priest

<< メタルゴッド、まさかの復活!! >>

Angel Of Retribution / Judas Priest


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Judas Rising」
        「Hellrider」

「まさかの復活」と言っても悪い意味ではありません。ボーカルのRob Halfordが脱退してから10年以上、確かに復帰は待ち侘びてはいましたが、心のどこかで「どうせ無理でしょう...」とほとんど諦めていた所での復活です。きっと同じような考えを持った人も多いはず...

さて何はともあれ復活です。それも1曲目から「Judas Rising」と雄叫びをあげちゃってます。もしかしたら物足りないという人もいるかも...という不安は若干ありますが、とりあえず素直に復活を喜ぶことにしましょう。

次にアルバムが勝負...でも、ちょっと不安...

Reality / David Bowie

<< まだまだこれから! >>

Reality / David Bowie


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:「New Killer Star」
        「Bring Me The Disco King」

このブログの所々に垣間見られるので薄々気付いていると思いますが、私の大好きな David Bowie の最新アルバムです。

前作「Heathen」から15ヶ月という短いインターバルでの発表ですが、まるで「Let's Dance」の頃を思わせるような生き生きとした、もうすぐ還暦なんてことを思わせないような内容です。おまけにジャケットのキャラクターも思いっ切りツボですしね。(ジャケットの内側では本人が同じ格好をしてます!)

毎回のようにスタイルを変えてくるので、この先どのような展開になるのか全く予想がつかないのですが、まだまだこれからも良い意味で期待を裏切ってくれるような作品を出してくれることでしょう。

波乱万丈の人生でしたが、何か良い歳のとり方をしてますよね。

Mezmerize / System Of A Down

<< とてつもない期待感 >>

Mezmerize / System Of A Down


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「B.Y.O.B.」
        「Radio/Video」

前作「Toxicity」が全米を中心に大ヒットしたSystem Of A Downの待望のニューアルバム。二部作「Mezmerize/Hypnotize」の第1弾です。

特に思い入れも無く、ただ騒がれているし前作も売れたしなぁ~って、軽い気持ちで買ってみたのですが、ものすごいアルバムです!

テンション&パワーが半端じゃなく、これでもかって感じで色んな音が飛び出してきます。ジャンル分けをするとヘビーメタルになるのかも知れませんが、そんな簡単な一言では表せない程です。

今年の後半にも発売されるという第2弾「Hypnotize」が本当に今から待ち遠しいと思わせる1枚です。

(こんなアルバムの後では、相当すごいものを作らないと「期待外れ」になる可能性も大きくなるのでしょうが、ここは敢えて期待してみましょう)

The Emancipation of Mimi / Mariah Carey

<< やれば出来るじゃん!! >>

The Emancipation of Mimi / Mariah Carey


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「We Belong Together」
        「Say Somethin'」

すみません! このアルバム、完全に眼中にありませんでした...

大切な友人が Mariah Carey 好きということで聞いてみたのですが、なかなか良いですね、このアルバム。さすがにファーストアルバムの時の衝撃はありませんが、アルバムを通じて歌の上手さが厭味に感じることもなく、最初から最後まで心地良く聞くことが出来ました。

映画「グリッター」に出てからというもの、何をやりたいのか分からない状態でしたが、これで復活と言っても過言じゃないでしょう。(シングルが売れるのも分かるような気がします)

ところでこの変化は楽曲によるものなのでしょうか? それともプロデューサーの力量? それとも本人のガンバり??

P.S. 大切な友人さんへ

今日、話していた曲は「スルー・ザ・レイン」という曲で、「チャームブレスレット」っていうアルバムに入っているよ。

映画「宇宙戦争」

今日もちょっと映画のお話を...

またまた特に何を観るか決めもせずに映画館へ。「マダガスカル」も良かったのですが残念ながら吹替版。「妖怪大戦争」にも惹かれましたが、やはり前から観たいなぁ~って思っていた「宇宙戦争」に決定。

まるでNHK教育のようなオープニングの後、本編がスタート。トムクルーズのダメ親父っぷり(こんなに格好良いダメ親父はいないだろ...)を一通り紹介し、いざ侵略者登場!! おまたせのパニックムービーの開始です!!

まあ、この手の映画のルールは...

   1.主人公は殺られない
   2.最後に正義が勝つ

というのがお決まりのパターンなので一向にハラハラすることもなく(でもトムクルーズ親子は必死に逃げます)、物語が進行。

さて中盤、ティムロビンスが出てくると、“そろそろ相手の弱点を見つけて反撃か?!”と期待していたのですが...........あれっ??? 反撃する気配すらない!! 結局、ティムロビンスはうるさいことを理由に抹殺? なんだそりゃ?

話はそのまま何の解決の糸口も見つからないまま終盤へ。トムクルーズが枯れた宇宙植物(?)を手に取り、娘のダコタファニングが「何故、枯れてるの?」と質問するも、「わからない」の一言。そして侵略者の操縦する兵器にカラスが群がるのを見てトムクルーズが「シールドが消えてる」と叫び、バズーカ砲のようなミサイルで反撃し、一騎撃墜!! さあ、これで相手の弱点が判明...って、勝手に死んじゃってるじゃん!!

話はトムクルーズが元の奥さんの所に娘を連れて行き、途中で離れ離れになった息子も無事に再会。侵略者も次々と倒れ、めでたしめでたし...って、なんじゃそりゃ??(再び)

最後に重鎮モーガンフリーマンのナレーションで「空気中の微生物によってやられた」とか何とか...えっ?! 勝手に襲ってきて、勝手に死んだのかい!! って、突っ込みを入れたくなってしまいました。

結局、何が言いたかったのでしょう? 環境破壊? 人間のエゴ? 親子愛? それとも単なるパニックムービー? これなら「マーズ・アタック!!」的なオチがあった方がまだましですね。

最後に一言。

 スピルバーグよ、お前もマイケルベイか?


St. Anger / Metallica

<< 映画「メタリカ:真実の瞬間」を観た後で >>

St. Anger / Metallica


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Frantic」
         「St. Anger」

もはや説明不要のモンスター級ロックバンド Metallica の最新アルバムです。そしてこのアルバム作成時の様子を収めたドキュメンタリー映画「メタリカ:真実の瞬間」が、渋谷で限定公開されています。

かく言う私も、今日観てきました。

元々好きなアルバムでしたし、作成途中に色んな事があったことは聞いていましたが、いざこうしてドキュメンタリーを観ると、これまで以上に思い入れが強くなって、1曲1曲...いや1音1音の聞こえ方が変わってくるほどです。

20年以上も第一線で活躍しているビッグバンドが、今も変わらず良いアルバムを作り続ける(それも古臭い音ではなく、常に最新の音で)ことがいかに難しいかということを思い知らされました。

アルバムもおすすめですが、映画も合わせて観ると1音1音が意味を持って聞こえてくるので、こちらもおすすめします。

ところで新しいベーシスト(ロバートトゥルージロ)が加入する前と後では全然曲のイメージが違うように思えたのは私だけ? それともこれは彼の実力がなせる技??

映画「アイランド」

ちょっと映画のお話を...

久しぶりに時間が出来たので、特に目的も無く映画館へ。

時間が合ったので「アイランド」を観てきました。

ユアンマクレガー主演の映画ということは知っていたのですが、その他の予備知識は全く無し。それと予告編でマイケルクラークダンカンが廊下を引き摺られているシーンを観たくらいかな。

いざオープニング...監督がマイケルベイと表示...ちょっと嫌な予感...

マイケルベイと言えば「パールハーバー」や「アルマゲドン」といった、その筋では有名な監督です。

さあ本編...うーん、マイケルベイらしいと言えばそれまでかな...

重いテーマで、話も二転三転しててそれなりに面白いんだけど、その内容よりもアクションの派手さばかりが目についちゃいましたね。あと最後のオチも「本当にあれで良かったの?」って疑問に思っちゃいました。

せっかく面白いテーマなんだから、もう一工夫欲しかったです。

なおユアンマクレガーの二役の演じ分けと、スティーブブシェミの存在感はさすがって感じでした。

ところで主人公の二人を追いかける元フランス特殊部隊と言っていた人たち、あの人たちは果たして優秀だったんでしょうか?? やることなすこと全てギャグにしか見えなかったのは私だけ???

Pearl / Janis Joplin

<< Get It While You Can と歌っておきながら... >>

Pearl / Janis Joplin


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:全曲
        (↑選んだら罰当たりかな...)

洋楽を聴き始めたのが小学校の高学年の時で、当時好きなアーティストが David Bowie と Kate Bush、そしてこの Janis Joplin だったのです。名曲「Summertime」を聴いてその声に驚き、そして「Get It While You Can」を聴いて涙してました。(←ちょっと大げさかな)

残念ながらオンタイムで聴けなかったので、図書館に行って彼女のことを調べたり、遠くまで映画「Janis」を観に行ったりして、その穴を埋めようと頑張ってみました。

でも、今さら彼女について、そしてこのアルバムについてのコメントは不要ですし、特に彼女の活躍していた時代の背景を経験していない私がどんなコメントをしても、このアルバムの前ではその言葉は軽くなってしまうと思います。それだけ曲もさることながら、その背景も非常に重く深いアルバムです。

 ※ 曲自体は全然重くなく、逆に明るい位です。
   ただしその明るさが逆に切なくなってくるのですが...

Never for Ever / Kate Bush

<< "Kate Bush"というジャンルの誕生 >>

Never for Ever / Kate Bush


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Babooshka」
         「Wedding List」
         「Violin」
         「Infant Kiss」
         「Army Dreamers」
         「Breathing」

おすすめ曲が多くてすみません。書き上げたら半分以上にもなっちゃいました。それだけ良い曲が多いんです。

今やバラエティ番組「恋のから騒ぎ」のオープニングテーマ「嵐が丘」で有名になってしまった Kate Bush、渾身の3作目です。このアルバムから Kate Bush の音楽性がまるで宇宙のごとく拡がっていきます。ポップスありロックありアコースティックあり...彼女の音楽にジャンル分けは無用なのかも知れません。(彼女自身が一つのジャンルかな)

12年前に「Red Shoes」というアルバムを出してから音沙汰ありませんが、今頃はどうしているのでしょうか? (昨年の終わりにアルバムを出すとか噂になっていたように記憶していますが...)

 ※ 歌詞も良いので、購入したら一読することを強くお勧めします


Lifeblood / Manic Street Preachers

<< マニックス最高!? >>

Lifeblood / Manic Street Preachers


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Empty Souls」
         「1985」

初めに告白しちゃいますが、はっきり言って Manic Street Preachers については、思い入れが強すぎてまともな論評は出来ません。

今、Manic Street Preachers を聴いている人の内、どの位の人がリッチーの存在を知っているのか分かりませんが(消えてから10年になるんでしょうか)、私の場合、聴く度に「リッチーがいたらどうなっていたんだろう」とか「相変わらず3人で頑張っているなあ」などと考えてしまっています。

このニューアルバムも前作の「Know Your Enemy」とは違った、かなり「Everything Must Go」に近いアレンジが加えられているのですが、やっぱりこのアルバムも...

   すばらしい!

   よく頑張った!

   感動した! ( <= 小泉純一郎 風)

なんです。

論評しておきながら無責任な話ですが、判断はお任せです。すみません。

でもこんな私的な感想が書けるのも、ブログの良さかな...

Don't Believe The Truth / Oasis

<< Oasis 復活!!...のはずだったが >>

Don't Believe The Truth / Oasis


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Lyla」
         「Let There Be Love」

Oasis 3年ぶりのニューアルバム!!

本人たちも最高傑作という程の自信作!!

...と、発売時期は大きな話をしてたけど、結局は名盤「Definitely Maybe」「Morning Glory」には届くことは出来なかった(一生無理??)ということですね。おまけに Coldplayの「X&Y」と発売時期が重なってしまったために、影が薄くなってしまった感じです。まあColdplayは「世界が待ち焦がれていた」のですから、その規模は相手にならなかったようです。

でもアルバムの内容はここ最近の作品に比べたら、何十倍も良いです。きっと3番目に良いという人も多いのではないでしょうか。

ところでファーストシングルの「Lyla」ですが、初めてタイトルを見た時に「レイラ!?」って驚いてしまったのは、私だけじゃないはず...

The Best / H.O.T

<< K-POPの原点 ~ 復活望む!! >>

The Best / H.O.T


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Line Up」
         「Outside Castle」

「H.O.T」と書いて「エイチ・オー・ティー」と読みます。間違っても「ホット」と言わないように。きっと笑われます。

日本における韓国ブームが、映画「シュリ」の公開からか、それともドラマ「冬のソナタ」の放送なのか、定義が難しいところですが、BoAが出てきて日本でもK-POPという言葉が聞こえ始めた頃に惜しくも解散してしまった、韓国では伝説的なスーパーグループです。

神話や東方神起など韓国のグループが日本でもその名前を知られるようになりましたが、ルーツは全てここにあると言っても過言ではありません。

今回はベスト盤ですが、本当はオリジナルアルバム(1集~5集)の方を強く薦めます。

韓国ブームの今、本当に復活して欲しいグループの筆頭ですね。
プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。