スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Never Let Me Down / David Bowie

<< 抹消は無いでしょう...(泣) >>

Never Let Me Down / David Bowie


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Time Will Crawl」
      「Never Let Me Down」

私の大好きなDavid Bowieのアルバムの中で、恐らく(間違い無く)最低な評価を受けているアルバムです。

80年代初めの「Let's Dance」の超大ヒットにより、今度は生身のDavid Bowieとして音楽業界に甦りましたが、続く「Tonight」では大失速。そして続くこのアルバムが追い討ちをかけてしまいました。この後、Tin Machineなるバンドを結成して、リハビリ期間に入り...

と、David Bowieの歴史を語ると終わらないので、この辺にして本題に入ります。

何故、今頃このアルバムを取り上げたかというと、数ヶ月前にDavid Bowieの「全曲解説シリーズ」なる本が発売されました。


その中には当然このアルバムが含まれていましたが、その解説の中で...

...オリジナルCD盤に収録されていた「トゥー・ディジー」は、ボウイの強い要望により再発盤からはカットされてしまった。理由は単純でボウイがこの曲を嫌っているからだ。本書のオリジナル版には「この曲は、アルバム中、最低の出来である。本来であればこの恥知らずなAOR調のロック・ナンバーがボウイの作品であるわけがない、だが残念ながら彼の作品なのだ」と記されている...

この文章を読んだ時、つい...

   え~! まじ~!!

って驚いちゃいましたよ。そしてCDショップで確認すると、確かに含まれていません(泣) 私の持っているCDはオリジナル盤なので、問題の「Too Dizzy」も「Girls(日本語バージョン)」も含まれています。もしかして将来は貴重盤になったりして...

...って、そうじゃなくて、何で抹消なの?!

確かにありふれた曲でつまらないかも知れないけど、抹消することはないでしょう。だって作ったのは事実なんだから。そしてそんな曲も書きながら、良い曲も生まれてくるのだから。ちょっとがっかりでしたね。

それにこのアルバムも、あまりにも酷評され過ぎだと思うんですけどね。「Too Dizzy」だけじゃなく、アルバム全体が中途半端な出来なんだけど、中には「Time Will Crawl」や「Never Let Me Down」のような良い曲もある(「Never Let Me Down」の歌い方はちょっと気持ち悪いですがw)し、1曲目の「Day-In Day-Out」の歌い出し “♪~She was born in Handbag~” なんて、前の2作になかった面白い歌詞だと思いますけどね。

まぁ、かなり大きな思い入れがあるのも事実ですが...(切腹!)


スポンサーサイト

Dark Love Poems / Bloodflowerz

<< 見た目は恐いけど... >>

Dark Love Poems / Bloodflowerz


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Sajidas' Song」
      「Damaged Promises」
      「The Last Dance」

またまたfumiさんのブログで大推薦だった、ドイツのゴシックロックバンドBloodflowerzです。(fumiさん、ホントにいつもお世話になりますw)

ジャケットの感じもさることながら、中ジャケの特にボーカルのKirsten Zahnの 色物的な  ゴス メイクを見ると、デス・ゴス・パンク!な感じで、音楽性は...そんな様に思えますが、実際に聞くと“いいじゃん!!”と、素直に思えるロックです。(<=“ゴス”の要素は少ない位です)

特におすすめ曲の頭3曲は、まさに“つかみはOK”みたいな楽曲で、この後も非常に聴き易いロックチューンが並びます。バンドのインパクト、そして聴き易い楽曲...何かきっかけがあればEvanescenceのように大化けするかも知れませんよ。

ちなみにEvanescenceのファーストアルバムはボーカルのエイミー嬢のドアップでしたが、Bloodflowerzが同じ様なジャケット(Kirsten Zahn嬢のドアップ)にしたら、恐らく 子供が泣き出す ジャンルを勘違いされるので、止めて欲しいですねw

(その気になる中ジャケットは...買って確認して下さいw)

End Of An Era / Nightwish

<< こんなにすごいライブをするのに... >>

End Of An Era / Nightwish


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Phantom Of The Opera」
      「Wishmaster」
      「Nemo」
      「Wish I Had An Angel」

以前の書き込みでForever Slaveを紹介し、その時に“Nightwishのボーカル候補か?”って書きましたが、考えてみれば肝心のNightwishを紹介してませんでしたね(苦笑)

ということで、前任ボーカリストのターヤのラストライブCDです。ちなみに日本盤DVDは9月27日に発売されますが、DVDのみの仕様らしいです。私はDVD1枚、CD2枚というヨーロッパ仕様を購入しました。なおヨーロッパ仕様なので映像方式はPALですので、購入する時は注意して下さい。

さて内容ですが、まさに...

   すばらしい!!

の一言です。元々の楽曲はオペラの要素を盛り込んだクラシカルなものなので、“ライブかぁ...”って感じで、質が落ちるんじゃないかと若干の不安もありましたが、全く関係無し!! 演奏も良いですが、やっぱり特筆すべきはターヤのボーカル。やはり一時、活動を停止して学校で学び直した成果なのか、よくもまあこんな楽曲をライブで唄い切るなって感心してしまいます。

ベース/ボーカルのマルコとの掛け合いもバッチリですし、辞める(正確には解雇される)要素なんて欠片も見つからないんですけどね... バンド内で色々とゴタゴタがあったようですが、ここは大人になってファンのためにも戻って欲しいですね。恐らくターヤ以外のボーカリストは受け入れられないと思いますので...

Alice's Inferno / Forever Slave

<< Nightwishの新ボーカル候補? >>

Alice's Inferno / Forever Slave


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Reminiscences」
      「Equilibrium」

いつも面白いバンドを紹介してもらっているfumiさんのブログで“Nightwishのターヤ(Vo)の後任”という記事があったので、早速購入した、スペインのメタルバンドのファーストアルバムです。

ジャケ良し、さらにターヤの後任候補ということもあり、期待感に胸膨らませながら聴いたのですが...

    普通じゃん!(泣)

確かに曲の雰囲気もシンフォニックで私好み(ジャケット通りです)ですし、ボーカルのAngellyca嬢が時々見せるオペラチックなスタイルもターヤを思わせるところがあり、デス声との掛け合いも良いのですが...やっぱりパンチが足りない??

期待感が大き過ぎたのかも知れませんが、もう少し“これだっ!”ってものが欲しいですね。楽曲が重厚な雰囲気なだけに、ボーカルがちょっと弱いかなぁ。まさに“惜しい”の一言ですね。

Nightwishのボーカルとなるか分かりませんが、このままでも何かのきっかけで化ける可能性はかなり含んでいると思います。今後の成長を期待しましょう。

Loose / Nelly Furtado

<< 心地良いビートです >>

Loose / Nelly Furtado


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Maneater」
      「Promoscuous」
      「Te Busque」

前の記事で“復活”と書きましたが、実は今週は会社がお盆休みなんです。これまでの遅れを挽回...ではありませんが、立て続けに書き込みしちゃいましょう。

すでにアメリカ、ヨーロッパでは大ヒットしている、Nelly Furtadoの3枚目のアルバムです。

前作の『Folklore』から2年半ぶりのアルバムですが...

    Nelly Furtadoってこんな人だったけ???

大ヒットシングル「I'm Like A Bird」では、アイドルっぽい感じでもありながら、曲は一筋縄ではいかないような不思議な雰囲気を漂わせていましたが、今回のアルバムでは全面的にヒップホップ色が強くなってます...っていうか、強すぎです!!

前作までは面白い曲なんだけど、どこか狙っているような感じがするのですが、今度は本人もとことん楽しんでいるかのようです。まぁ、あくまでも私見ですけどね。でも、すごく楽しんでいるのが伝わるようなアルバムです。

心地の良いビートが響く、楽しいヒップホップアルバムになっているので、すでに大ヒットしてますが、まだの人はぜひ!!

あっ、ジャケ買いでもOKですね(笑)

ちなみに「Te Busque」はしっとりした感じのJuanesとのデュエットです。

Brother's Keeper / Fair Warning

<<祝、復活!!>>

Brother's Keeper / Fair Warning


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Don't Keep Me Waiting」
      「Generation Jedi」

本当に久々の書き込みになっちゃいましたね。最近まで何だかんだと忙しく、他のブログにコメントは入れられるものの、そこまでの気力しかなく、自分のブログはほぼ一ヶ月ぶりの更新になってしまいました。

気がつけばブログを始めてから8月で1年となりました。更新の遅い、趣味の偏ったブログですが、常連さんも通りすがりの方も本当に立ち寄って頂きありがとうございます。

久しぶりの更新に合わせたということではありませんが、偶然にもFair Warningの新作が出ましたので、復活記事にさせてもらいました。

前作『4』が出たのが2000年ですから、6年ぶりのニューアルバムになりますが、年月のブランクを感じさせない、まさにFair Warningらしいアルバムです。もう一曲目の「Don't Keep Me Waiting」の出だしのコーラスを聴いただけで、つい“おかえり~!”って叫んじゃいそうです。

前々作の『Go!』は名作と言われていますが、このアルバムも負けていません。悪い言い方をすれば“代わり映えしない”ってなりますが、良いものは良いんです。だから変わらなくたって良いんです。活動停止する前を知っている人はもちろん、知らない人にもオススメです。

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。