スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年のお気に入り

今年も残すこと数時間となってしまいました。

ということで(どういうことで???)、昨年同様に2006年のお気に入りを、“徒然”と並べてみましょう。

・陰陽珠玉 / 陰陽座


私にとっての今年の一枚は何と言ってもこれですね。はっきり言って今でもはまってしまっている陰陽座のベストアルバムです。昔のJudas PriestやIron Maidenを思わせるような、正統派のヘヴィメタル。そして日本語を駆使した歌詞。さらには黒猫の伸びやかなボーカルスタイル。どれをとっても私のツボです。おかげでアルバムからシングル、果てはDVDまで集めちゃいました(笑) その容姿から音楽性を勘違いしている人がいれば、是非聴いて欲しいですね。

・The Black Parade / My Chemical Romance


今年は去年のKate BushやMylene Farmer、Judas Priestといったような“衝撃的”なアルバムが少なかった感じがしますが、最後の最後になってやっと発売されたのが、このMy Chemical Romanceの最新作にして最高傑作(と言っても3作目ですがw)。Green Dayの「American Idiot」と同様のコンセプトアルバムですが、音楽性はこちらの方が上だと思います。単なるパンクというジャンルに囚われない音楽性は秀逸です。ジャケもかなりお気に入りです。

・Operation:Mindcrime II / Queensryche


今年の前半の話題をさらった(って、私の中だけですがw)のは、やっぱりこのアルバムでしょう。18年前に発売された「Operation:Mindcrime」の続編です。このアルバムに関しては内容もさることながら、やはり発売されたこと自体が何とも嬉しかったですね。前作で病院で目覚めたニッキーは果たしてどうなるのか? メアリーを殺したのは誰か? そしてドクターXへの復讐は? 前作を知っている人にとっては、待ち遠しかった内容ではないでしょうか。詳細は実際に買って確認して下さい。

・Stop The Clocks / Oasis


本当に出てしまったイギリスの国民的バンドOasisのベストアルバムです。Noelが“ベストアルバムはバンドを解散するまで出さない”と豪語していたために、“Oasis解散か?!”と言われていますが、まぁ、元々ビッグマウスのNoelの発言ですから、ありえないでしょうね。そんな話題性はとにかく、やっぱりOasisの楽曲は最高だと再認識できるベストアルバムです。曲が良いんだから、ベストアルバムが悪いはずがありません。他のアルバムを持っている人はともかく、もし持っていない人でちょっと興味がある人には、まさに最適なアルバムです。(もし気に入ったら3枚目の「Be Here Now」も買うように!)

・Meds / Placebo


このアルバムがここに出てくるのは意外ですかね(笑) でも個人的に好きなんで... ベスト盤を挟んで発売された5作目のアルバムです。このバンドの良さは何といっても“激しいんだけど、クールなロック”でしょう。このクールさが格好良いんですよね。まさに“汗を感じない熱いロックアルバム ”です。常に進化するバンドなので、次のアルバムも相当楽しみです。

・Whatever People Say I Am, That's What I'm Not / Arctic Monkeys


各種音楽雑誌でもレッチリの「Stadium Arcadium」と並んで今年のベストアルバムと称されている、Arctic Monkeysのデビューアルバムです。本当にこのアルバムは良いです。もう悔しい位に良いです(笑) 元来、天邪鬼的な性格の私にとっては騒がれ過ぎで引いちゃうところがありますが、残念ながら渋い中にも新しい音を聴かせてくれるセンスの良さは最高です。不安はセカンドアルバムでも同じ様なクオリティが保てるかということですが...

・Raise the Alarm / The Sunshine Underground


Arctic Monkeysと並んで次世代のイギリス音楽界をしょって立つと言われている、The Sunshine Undergroundのこれまたデビューアルバムです。若干、Arctic Monkeysとダブルところはありますが、ちょっと古めかしい感じを匂わせるギターロックディスクサウンドは非常に面白いですね。最近のイギリスのアーティストは長続きしない傾向にあるので、頑張って欲しいところです。

・A Matter of Life and Death / Iron Maiden


もう大御所と言っても良いIron Maidenの最新アルバムです。「Brave New World」でBruce DickinsonとAdrian Smithが復活し、黄金時代のラインナップ+トリプルギターとまさに最強の布陣となったわけですが、前作「Dance Of Death」では“??”な印象で急速に勢いが衰えちゃった感じがしたのですが、この作品では昔とは違った“大人の”Iron Maidenを見せてくれました。作品のテーマも音もかなりヘヴィですが、その分ずっしり心身ともに響いてきます。ヘヴィメタルがうるさいだけだと思っている人に聴かせてやりたいアルバムですね。

・Hard to Be a Rock'n Roller / Wig Wam


見た目のインパクトから、イロモノ的な紹介をしたWig Wamですが、いつの間にか売れてしまいましたね(爆笑) アルバムは日本発売されるし、DVDまで出ちゃいましたね。もしかしたら来日もあるのではないでしょうか。容姿はイロモノですが、音は正統派の80年代ポップロック。まさに私の青春時代の音ですね~w ジャケはケバイですがメロディは最高です。

・Keepsakes:A Collection / All ABout Eve


まさか今になって発売されるとは思わなかった、All About Eveのベストアルバム&DVDのセットです。本当にファンにはたまらない1枚です。ロック、フォーク、サイケデリック、プログレッシブ、ゴス...様々な要素を含んだ音楽性は、今聴いても十二分に通用すると思います。そしてとりわけボーカルのJulianne Reganの容姿は最高!!(...って音楽性じゃないじゃんw)


やはり全体的に“今年の1枚はこれだ!!”的な、衝撃的なアルバムは無かったですね...


本も昨年同様に3冊を紹介。

・『名もなき毒』宮部みゆき


前作の『誰か』は正直な話、あまり好きではなかったので、この作品もどうしようかと悩んだのですが、やはり良いものは認めざるを得ません。エンターテイメント的には物足りない分はありますが、現代社会の恐怖というものを全体を通して重~く感じます。宮部みゆきの力量を再認識しましたね。

・『ちぇりあい』戸梶圭太


今年も出ました、戸梶圭太のエンターテイメント小説です! 特にこの作品はぶっ飛んじゃってます。オタク童貞の脳内物質が不老長寿の薬になるという発想からして普通の小説とは一線を隔してます。おまけに様々な方法で童貞を確保したり、童貞を喪失させるためのオバサン部隊を用意したり、果ては武力行使に及んだりと、もうやりたい放題です。でもこのバイオレンス感は恐怖を突き抜けて笑いに昇華しているところが、上手さというか凄さなんでしょうね。

・『容疑者xの献身』東野圭吾


この作品もArctic Monkeysと同様に、すでに売れまくっちゃっているので今さらながらなのですが、やっぱり良い物は良いということで... やはり主役の2人、天才数学者と天才物理学者のやり取りの緊張感は素晴らしいですね。そしてその会話の綺麗なこと... いやおうが無く他の作品も読みたくなってしまいます。(『赤い指』も読みたいなあ~)


映画は今年もあまり観なかったですね...

・「鉄コン筋クリート」



つい先日観てきたばかりの、松本大洋原作のアニメーションです。かなりバイオレンスな作品ですが、その中で対照的なシロの純粋さに心打たれるものがあります。その社会(と言っても住んでいる宝町だけなのかも知れませんが)を達観視しているような語りは、ちっちゃな神のように見えてきます。こんな子供が廻りにいたら、きっと和むでしょうねw

「Death Note -前編-」「Death Note -The Last Name-」



これは前編と後編との合わせ技ということで。「鉄コン筋クリート」と同じコミックが原作ですが、こちらはあまり考えさせられる部分はありませんw でも死神のノートとそれを使って世界を浄化しようと考えた大学生。そしてその謎を解こうとする天才。その内容は非常に面白かったですね。さらに後編では“L”の人間性も描き切ってますから、両方とも観ることをオススメします。

・「博士の愛した数式」


この作品は原作が秀逸だったので、映画化しても原作の持つ雰囲気を保ってくれれば、良い作品になるのは当然ですね。事故のせいで80分しか記憶がもたない天才的な数学博士が紡ぎ出す言葉は、難解な数式を含んでいるけれど非常に美しい印象を与えてくれます。出来れば原作も読むことをオススメしますね。



あれっ? 気が付くと全部邦画ですね(苦笑) 観に行った本数も少なかったですが、こうしてみると洋画の印象が薄かった一年でしたね。


最後に特別賞(笑) やっぱりこれかな...



泣く子も黙る、去年の年末から12週連続でリリースされた倖田來未のシングルです。曲の良し悪しよりも、12週連続という普通の人では考え付かないアイデアを実現してしまったことに、彼女の凄みを感じますね。おまけにリリース後に全曲集めたベストアルバムまで出してしまうのですから、その形振りを構わない商魂はさすが関西人です...(爆笑)


ということで(どういうことで???)、今年もこれでお終いです。

今年は書き込みが減ってしまいましたが、来年もマイペースで徒然と論評したいと思いますので、気が向いたらコメント&TBを残していって下さい。

ちなみに私の今年の十大ニュースのトップは...んっ? 印象に残ることがあまりない???

強いて言えば、初めて整体yourmaidenに行った事とKate Bushのボックスセットを買ったことかな...(ちっちゃ!!!!)





スポンサーサイト

映画「NANA2」

立て続けに映画の話題です。

今度も“パート2”もので「NANA2」です。

もはや説明不要の大人気コミックの映画化第2弾...でも、大抵映画の“パート2”ものってダメなんだよね...

そんなジンクスがある上に、今回の「NANA2」に関しては主要な登場人物の配役が変わって、特に奈々役が宮崎あおいから市川由衣に変更になっているということで、かなりの不安が...

そして実際に観ると...

  不安的中ーーー!!!

って感じですね。

もともとストーリーがコミックななので、感情移入できないとあまり面白くもなく、おまけに奈々、蓮といった主役級の人の配役が変わってしまっているため、ものすごーく違和感を感じてしまってしかたがありません。特に前作の場面の回想シーン(奈々がナナと一緒に住む部屋に案内されるシーン)は、思わず“違う!”ってツッコミを入れたくなるほどの違和感です。

同じ配役で揃えるのが難しいのであれば、揃うまで待っても良かった...というか、待った方が期待感も高まって良かったかも知れません。

さらに、前作はブラスト、トラネスのライブシーンが圧巻(というか、私にとってはそのシーンが全てw)だったのですが、そのシーンが増えるわけでもなく、前作と同様に2曲のみ。う~ん、やっぱり物足りない。追い討ちをかけるように“NANA starring MIKA NAKASHIMA”名義でアルバムまで出しちゃってるから、NANAの音楽的要素のファンの人にとっては、このアルバムで十分ですね...

そんな感じなので、原作のNANAのファンにはお勧めですが、まあそれまでかなぁ。

ちなみにサントラも出るようですが...


それより先にNANA starring MIKA NAKASHIMA名義のアルバムが出ちゃっているんですよね。

(サントラよりこっちの方が良いですねw)

一応、シングルも出てますが、

アルバムを買ってしまえば、音的にはあまり意味が無い...

でも、伊藤由奈はアルバムを出していないので、買う価値はあり?!

まぁ、REILA名義じゃないと売れないのも事実ですが(苦笑)

...ここで突然、観た人に質問です。

奈々役の市川由衣ですが、パッと観た時に「NANA」の時の幸子(サエコが演じた役ですが)に見えてしまうのは、私だけでしょうか...w

映画「Death Note - The Last Name」

すでに一ヶ月以上...ほぼ2ヶ月前に観たのに、書き込むきっかけもなく今日まで来てしまいました。(ちなみに観たのは初日w)

そんな事で遅ればせながら「Death Note」です。

前編では主要人物および「デスノート」の紹介といった感じで、劇画っぽいんだけどストーリーに深みが無いために、「こんな映画もありかぁ~」程度の感想しかありませんでした。

しかしその前編の軽さ故に、後編に対する期待も大きくなるのもまた事実... 主人公の夜神月と“L”と頭脳戦の結末はいかに?!

...と、再び劇画タッチに書いてみました。

実際にかなりの期待をして観ましたが、今回はその期待を裏切ることはなく、十分に面白いストーリー展開だったと思います。特に主人公の二人の心理描写は、前作より数段上ですね(その中でも“L”の描き方は良いです)。ラストの良い意味での裏切りも、ちょっと想像つきませんでしたからね。

敢えて難癖をつけるとすれば、“第2のキラ”の扱いが主人公の二人に比べて雑だったかなぁ~ ちょっとキャラクター的に薄いような気がします。

でも前編に比べたら“映画”として評価できますので、前編を観たけど後編はどうしようか迷っている人は、後編も観ておいた方が良いと思います。また前編を観てなくて後編だけ観ようとしている人は、明らかに魅力が半減しますので、必ず前編を観てからにして下さい。

それと既に観た人は、結末を他の人に言うのは絶対にやめましょう(笑)

メリクリ!!!

ちょっとだけ遅くなりましたが...

めりぃ~ くりすま~す!!

最近はめっきり更新の頻度も減ってしまいましたが、これからもマイペースでやっていきますので、よろしくです。

恐らく今年は、映画2本(「Death Note - The Last Name」と「NANA2」)と数枚のCDのコメントを書いたら、去年同様に今年のベストアルバム的な書き込みをしようと考えています。

今、ネタを仕入れている最中ですので、今しばらくお待ちを!

Love / The Beatles

<< ビートルズの最新アルバムと言うけれど... >>

Love / The Beatles


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:“不可能”(<=Beatlesの曲を選ぶなんて出来ません)

様々なメディアで注目を浴びている、The Beatlesの最新アルバム(?)です。

まあ、Beatlesについては今さら説明の必要も無いと思います。その誰もが知っているBeatlesの曲を、リミックス(今風に行ってマッシュアップ)しているのですが、はっきり言って...

    原曲の方が良い~!!!!!

まさに“名曲に小細工は不要!”っていうことを再認識できるアルバムになっちゃってます。手を変え、品を変え色んな音を聴かせてくれるのですが、やっぱり落ち着いて聴いていられるのは途中に垣間見られる原曲部分だったり、アレンジがほとんど加わっていないイントロ部分だったりします。

これをBeatlesのニューアルバムと言ってしまうのは、ちょっと頂けませんねぇ。せめて“企画盤”や“リミックスアルバム”程度の表現にして欲しかったですね。

でも原曲が良いから、何の問題も無く最初から最後まで聴けちゃうんですけどねぇ~(苦笑)

Welcome to America / Taz Taylor Band

<< グラハムボネット58歳、まだまだ現役です!! >>

Welcome to America / Taz Taylor Band


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Surface Tension」
       「Goodbye Mr. C」

正直に言います。このTaz Taylorなるギタリスト、詳細はさっぱり分かりません(苦笑)。たまたま行っていたDisk Unionで何とも趣味の悪いジャケットを発見。手にとって裏をまじまじと見つめると、そこには....

    Graham Bonnet

の文字!! そう、あのRainbow、MSG、Alcatrazz、Impellitteriなどなど様々なバンドを渡り歩いてきた、ヘヴィメタル界一の伊達男、Graham Bonnetじゃありませんか!!

実はAlcatrazzからの大ファンなので、Taz Taylorが誰だろうと、ジャケットの趣味が悪くても、とりあえず今のGraham Bonnetのボーカルが聴けるという理由だけで、レジへ直行しちゃいましたw

早速聴いてみると、音はいたって普通のアメリカンロック。そんなちょっと軽めな音に、こめかみに血管を浮き出させて絶叫している姿を容易に想像させるGraham Bonnetのボーカルが響きます。年齢による衰えは若干感じますが、58歳とは思えないほどの声量、そしてボーカルスタイルです。昔と全く変わりませんが、その不変さが何とも言えず格好良いです。

そんなGraham Bonnetも、もうじき59歳。来年には還暦を迎えるのですから、本当に驚くばかりです。ヘヴィメタル界の北島三郎ことRonnie James Dioも還暦を迎えています(今年で65歳!)が、ヘヴィメタル界の五木ヒロシことGraham Bonnetも、死ぬまで今のままのスタイルを貫いて、絶叫しまくって欲しいものです。

ただし、くれぐれも血管が切れて、ステージ上でポックリ...なんて事にはならないように(爆笑)

The Black Parade / My Chemical Romance

<< 今年のベストアルバム候補に急浮上!!! >>

The Black Parade / My Chemical Romance


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:「Dead!」
       「Welcome to The Black Parade」
       「Mama」

最近、歯医者に通っているため、ブログを更新している時間も無く、さらにこれと言ってコメントを書きたくなるようなアルバムの無く...そんなこんなで年末を迎えようとしたところで出ました!!! 今年のベストアルバム最有力候補アルバム!!!

My Chemical Romance(以下、マイケミ)の3枚目(メジャーデビューから数えると2枚目かな?)のアルバムです。

日本版が発売される前に輸入版ですでに大ヒットを記録していたので、相当期待をしていましたが、その期待を裏切らない素晴らしい出来上がりです。

The Black Paradeという別の姿で語られる、“死”テーマにしたコンセプトアルバム。Black Paradeというのは“葬列”ですかね。同じコンセプトアルバムということで、Green Dayの「American Idiot」を引き合いに出したコメントが多いのですが、音の幅広さやメロディアスさはマイケミの方が上かな。特にファーストシングルの“Welcome to The Black Parade”はQueenを思わせるような音で、最初に聴いた時には、あまりのかっちょ良さに鳥肌が出てしまいました。

当然のごとく日本版は発売日に購入。さらにそれでは物足らず、輸入版のボックスセット(手触り最高!w)も買っちゃった位にはまっちゃいました...(爆死)

すでに大ヒットしているので勧めるまでもないのですが、万が一、期待外れじゃないかという不安があって、手にしていない人がいるならば、素直に良いアルバムですので、是非聴いて下さい!!!(特にGreen Day好きならば、間違いなくオススメです)
プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。