スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Disturbing the Peace / Alcatrazz

<< 不運としか言い様がありません... >>

Disturbing the Peace / Alcatrazz


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「God Blessed Video」
        「Stripper」

昔々、RainbowというバンドにGraham Bonnetというボーカリストがおったそうな。その男はたいそう変わった男で、当時のHM/HR界では衝撃的なホワイトスーツにサングラスにリーゼントといった、日本的にいうところのヤ○ザのような格好で登場し、大口を開け、こめかみに血管を浮き出させてシャウトしたために、みんなを驚かせておったそうじゃ。

ところが当時、RainbowというバンドにはRichie Blackmoreという、これまた我の強い男がおって、後輩になるGrahamは自分の欲求が満たされないことを感じ、早々にバンドを脱退することなってしまったそうな。

その後もソロアーティストで活動しようとするも失敗したと思ったら、どういうことかRichie Blackmore以上に我の強いMicheal Schenker Groupというバンドに加入したそうじゃ。でもやっぱりRainbowで上手くやれなかったのにMSGで出来るわけもなく、これまたあっと言う間に脱退してしまったそうな。

そんな紆余曲折の中からAlcatrazzというバンドが生まれたそうじゃ。

今度こそGrahamを中心にと思ったその時...

   僕、やーめた
   (注:台詞に若干の脚色をしています)

そうバンドの目玉、スーパーギタリストのYngwie Malmsteenが脱退してしまったそうな...

おしまい、おしまい...

...って、まだこのアルバム、作って無いじゃん!!

このAlcatrazzのセカンドアルバムですが、良いんです。ギターとボーカルの掛け合いが絶妙で、Grahamの特性はもちろん、バンド全体の個性がフルに発揮されているアルバムだと思います。

   しかし!!!

残念ながらAlcatrazzはYngwieが抜けた段階で、終わっていたと言わざるを得ないでしょう...

それほどまでにデビューアルバムが衝撃的でした。GrahamとYngwieとの間の亀裂から生まれる、痛々しい程の緊張感。そしてお互いの主張が見事に明確になっている楽曲。その超一流のミュージシャンがぶつかり合うことで、倍以上の効果を生み出していました。

そんなYngwieが抜けて、セカンドはこれまた超テクギタリストのSteve Vai。しかしYngwieと徹底的に違ったのは、協調性があったこと。決して目立つこともなく、そうかと言って引き過ぎることもなく、そつなくこなしている感じをどうしても受けてしまいます。ファーストを聴いたときのスリルは何処へ...って感じでしょうか。

この時、意気投合してYngwieと2枚目を作っていたら、きっと今頃はスーパーバンドになっていたかも知れません。


(じゃあ、こっちを紹介しろって...)
スポンサーサイト

FIRST / Pearl

<< 隠れた名盤です!!(古いけどw) >>

FIRST / Pearl
pearl
FIRST

おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:「Hey Kids Move」
          「One Step」

先日、最近知り合った友達のRさんが成人式を迎えました(オメデト!!) 「青春やねぇ~」と感じながら、自分の中で微かに残っている成人式の様子を思い出していましたが、ふと気になったことがありました。

   昔っていわゆる「青春ソング」みたいのがあったよね...
   今の時代の「青春ソング」ってなんだろう...

売れているところで言えば、倖田來未、浜崎あゆみとか色々な名前はあがるけど、今ひとつピンと来ません。そう、青春ソングといえば...

   やっぱりロックでしょ!

ということで、当時死ぬほど聴いたPEARLです。(前置き長!!)

PEARLと言ってすぐに思いつく人はほぼ年齢がバレバレですが、SHO-TAこと田村直美をボーカルにした、ギターロックバンドです。ちなみに最近も外国人をひきつれてPEARLを名乗っていましたが、はっきり言って別のバンドですのでお間違えの無いように。

頻繁にメンバーチェンジを繰り返していましたが、やはりこのファーストアルバムの時代のメンバーが、一番格好良かったですね。ギターの音も格好良かったのですが、SHO-TAが書くその歌詞がまさに“青春!”です。

   こわすのは今 ためされるのも今さ
   たち止まる前に 走り出してみせなヨ
              (Hey Kids Move)

   きっとすべてが変わり出す 何かがはじまる
   失うもののないその自由な鼓動でまきおこせ
              (Hey Kids Move)

   ah...心が痛むほど
   声をからし続けなきゃ うまくはゆかない
   昨日と同じ今日なんて 誰も望みはしない
   今日と同じ明日を つくろうとは思わない
   やりきれない朝もある 眠れない夜もきっとくる
   イヤな事にもあきらめず
   その手ですべてを消してしまえ
              (One Step)

発売された当時(その頃はCDをレンタルしてカセットにダビングしてました)は、何回も何回も聴き返して、特に「One Step」はほとんど歌詞を覚えてしまいましたね。今改めて聴くとちょっと青臭い感じを受けるのですが、でもこの小難しい事は一切抜きに、自分の思った感情をそのまま叫び続けているのが、当時のロックの姿であり、この姿が当時若かった自分を惹きつけていたんでしょうね...

...そんなことを考えるとは、私も歳をとったものです(苦笑)

ちなみにこのアルバムは既に廃盤で、中古CDショップや廉価盤のCD選書シリーズでしか手に入りませんのであしからず。


Butchering The Beatles - A Headbashing Tribute

<< 鳥肌物の面子ですw >>

Butchering The Beatles - A Headbashing Tribute


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Lucy in the Sky with Diamonds」
        「Magical Mystery Tour」

親知らずを抜いてから一週間、今も若干麻酔の痺れが残ってますが、ようやく痛みは治まり、本日抜糸してきました。

と言うことで、今日からブログ復帰です(涙...涙...)

復帰第一弾ということで、泣く子も黙るThe Beatlesのカバーアルバムを...でもちょっとジャケットがえぐ過ぎるかな??

でもこのジャケット、知る人ぞ知るThe Beatlesの発売禁止アルバム『Yesterday&Today』のパロディなんですね。オリジナルのジャケットはこんな感じ。
butcher

ジャケットからしてパロディセンス抜群ですねぇ~ (思いっ切りツボですw)

さて中身の方はThe Beatlesのカバーアルバムです。しかしヘヴィメタル/ハードロック系のアーティスト、それもちょっと懐かしい感じの人たちが集まって演奏しているところも、私のツボのど真ん中に命中しちゃいました。

当たり前ですが曲はThe Beatlesなので、今さら説明する必要は無いでしょう。なのでここはボーカリストvsギタリスト対決風に書き込んで見ましょう。

・第1試合「Hey Bulldog」
   Alice Cooper vs. Steve Vai

第一試合から名勝負、“生ける死神”アリス・クーパーと“超テクギタリスト”スティーヴ・ヴァイです。スティーヴ・ヴァイが超テクを魅せようとするも、さすがアリス・クーパー、ベテランの余裕ですね。ちゃんとギターソロの前にスティーヴの名前を叫んじゃったりして...

 結果:良い勝負を魅せるも判定でアリス・クーパーの勝ち

・第2試合「Back in the USSR」
   Lemmy Kilmister vs. John 5

モーターヘッドのレミー・キルミスターとマリリン・マンソン・バンドのジョン5との勝負。ちょっと力の差がありすぎですね。

 結果:レミー・キルミスターの浴びせ倒し

・第3試合「Lucy in the Sky with Diamonds」
   Geoff Tate vs. Michael Wilton,Craig Goldy

共にクイーンズ・ライクの同門対決。ヘヴィメタル界屈指のボーカリスト、ジェフ・テイト相手にディオのクレイグ・ゴールディのサポートを付けるも、歌い上げる楽曲はやはりジェフ・テイトの得意とするところ...

 結果:ジェフ・テイトのTKO勝ち

・第4試合「Tomorrow Never Knows」
   Billy Idol vs. Steve Stevens

これもかつてのバンド仲間対決です。それにしてもビリー・アイドルとは懐かしい...でも、年月の流れには逆らえませんね。かつての“悪童”だった面影はビリーには無く...

 結果:スティーヴ・スティーヴンスの判定勝ち

・第5試合「Magical Mystery Tour」
   Jeff Scott Soto vs. Yngwie Malmsteen

またまたかつてのバンド仲間対決ですが...この勝負は目に見えてますね。はっきり言って「Magical Mystery Tour」にこんなギターソロあったっけ??って感じの、反則スレスレです。

 結果:イングヴェイ・マルムスティーンの秒殺KO勝ち

・第6試合「Revolution」
   Billy F. Gibbons vs. Vivian Campbell

ZZトップのビリー・ギボンズと今はデフ・レパードのヴィヴィアン・キャンベルとの対決。ヴィヴィアンに御老体を倒す力は無かったか...

 結果:ビリー・ギボンズの貫禄勝ち

・第7試合「Day Tripper」
   Jack Blades,Tommy Shaw vs. Doug Aldrich

トミー・ショウがギターというのならともかく、ジャック・ブレイズとの“ダム・ヤンキーズコンビ”でボーカルでは、ダグ・アルドリッチも勝ち目無し。個人的には好きなギタリストなんですけどね...

 結果:試合不成立(2対1の勝負のため)

・第8試合「I Feel Fine」
   John Bush vs. Stephen Carpenter

アンスラックスのジョン・ブッシュとデフトーンズのステファン・カーペンターとの勝負... どちらも有効打に欠けますね。

 結果:判定により引き分け

・第9試合「Taxman」
   Doug Pinnick vs. Steve Lukather

キングスXのダグ・ピニックとTOTOのスティーヴ・ルカサーとの対決。スティーブ優勢かと思われた勝負ですが、決定打が出ず...

 結果:判定により引き分け

・第10試合「I Saw Her Standing There」
   John Corabi vs. Phil Campbell,CC Deville

モトリー・クルーのジョン・コラビとモーターヘッドのフィル・キャンベルとポイズンのCCデヴィルとの対決。1対2ですが良い勝負です。かつては「イングヴェイより早く弾ける」と豪語したCCですが、やはり実力は... 逆にジョン・コラビのボーカルはパンチが効いてますね~

 結果:1対2の勝負だが、ジョン・コラビのTKO勝ち

・第11試合「Hey Jude」
   Tim "Ripper" Owens vs. George Lynch

涎物の名勝負です。アイスド・アースの...というより元ジューダス・プリーストの“リッパー”オーウェンズと元ドッケンのジョージ・リンチの対決。さらに曲が名曲「Hey Jude」!! どちらも甲乙付け難いですね。かなり歌い上げる曲なので、まさに実力者“リッパー”オーウェンズ向きの曲ですが、ジョージ・リンチも負けずにいつもの骨太ギターソロを魅せてくれます...

 結果:延長戦にもつれ込むも、両者が素晴らしいファイトを魅せ、引き分け

・第12試合「Drive My Car」
   Kip Winger vs. Bruce Kulick

最近新しいアルバムを出したウィンガーのキップ・ウィンガーとキッスのブルース・キューリック(ちなみにプロデューサーも兼任)の勝負ですが、どちらかと言うと聴き易いロックをどちらもスタイルとしているので、最後にしてはちょっと物足りないかな...

 結果:自分のスタイルに持ち込んでキップ・ウィンガーの判定勝ち

と言うことで、ボーカリストの6勝2敗3引分(不成立1試合)という結果になっちゃいましたね。まぁ、あくまでも個人的な趣向によるものですので、あまり気にしないように...

数あるカバーアルバムの中では、ユニークさはもちろん、80年代ヘヴィメタル/ハードロック好きにはたまらない音に仕上がっていますので、星取表を片手に是非!!

今回はぎぶあっぷです...

今日で年末年始休暇も終わり、明日からお仕事再開です。

この休み中にブログの更新を行おうと思い、ネタを模索していました。そして最終日の今日に書き込もうと思ったのですが...

   GIVE UP!!!

と言うのも、今日歯医者に行ってきました。去年の夏から通っているのですが、虫歯が奥歯の親知らずとの間にできてしまったため、この際親知らずも抜いてしまおうということになり、今日最後の1本(右下)を抜いたのですが...

 (治療中の先生のつぶやきより)

  「Hiroshi-Kさんの歯は頑丈ですからねぇ...」(ガリガリ!!)
  「これは分割しないとダメだな...」(キーーーーーン!!)
  「何処で引っ掛かってんだ...」(ゴリ! バキッ!!)

約1時間の死闘の結果、ようやく抜けたのですが、横の治療台に目をやると、そこにはバラバラになった無残な歯が転がってました(涙)

2ヶ月前に左下を抜いた時も同じだったのですが、色んな方向に根が張っていたらしく、かなり削ってバラバラにしないと抜けなかったようです。

抜いた所も痛いのですが、変な方向に生えていたからなのか、下顎が外れそうになる位に引っ張られたのが、それ以上に痛かったですね。

今は痛み止めを飲んでいるため、だいぶ落ち着いていますが、今のうちに休みます。

その前に、この連休中で買ったCDをとりあえずリストアップ!!

続きを読む

あ はっぴい~ にゅう~ いや~

あけおめ~! ことよろ~!

いつも遊びに来てくれる皆様、また通りすがりの皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は更新&コメントが少なくなってしまいましたが、今年はもうちょっとだけ更新頻度を上げようと思ってます。

かなり趣味が偏ると思いますが、何か少しでも引っ掛かるものがあればコメントして頂けると嬉しいです。

今年もいっぱい良い音楽と良い本と良い映画に出会えますように!!

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。