スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Straight Outta Lymwood / "Wired Al" Yankovic

<< イロモノだけど、意外に良いんだよね >>

Straight Outta Lymwood / "Wired Al" Yankovic


   おすすめ度:★★★☆☆
   おすすめ曲:「White & Nerdy」
         「Canadian Idiot」

パロディの王様、Al Yankovicの最新アルバムです。

内容は相変わらず大ヒット曲の替え歌&パロディですが、今回もヒップホップからパンク、さらにはポルカまで、幅広い音楽センスを見せ付けてくれます。特にシングルになって大ヒットしている、“White '& Nerdy”はChamillionaireの“Ridin'”をアレンジ(替え歌)してますが、高速ラップを見事に決めています。

この他にもGreendayの“American Idiot”をパロった“Canadian Idiot”や、Usherの“Confession Part II”の勝手な続編“Confession Part III”、さらにはR.Kellyの“Trapped In The Closet”をドライブスルーに行った話を10分以上にもわたって歌い上げた“Trapped In The Drive-Thru”など、聴いていると思わずニヤけてしまう楽曲が目白押しです。

しかし残念なことに、シングルヒットしたのにアルバムの日本盤の発売予定は無し! そのためパロディなのは分かるけど、今ひとつ何て歌っているか良く分からないので、面白味は半減しちゃってますw(もっと英語を勉強しろ!って感じですかね(苦笑))

ぜひとも日本盤でその歌詞の面白さを再認識したいですね。

(補足)
少し前にEMINEMの“Lose Yourself”のパロディ“Couch Potato”のPVを作ろうとして差し止めになっていたはずですが、“White & Nerdy”のPVに映画「8 Mile」らしきシーンが垣間見られるのは、私の気のせい??


ではロック検定に向けて...

 ここで問題!!(ジャッジャッ)

 【この中で"Wired Al" Yankovicがパロっていない曲はどれ?】

  1.マイケル・ジャクソン “Beat It”
  2.マドンナ “Like A Virgin”
  3.プリンス “Purple Rain”
  4.ニルヴァーナ “Smells Like Teen Spirit”

 【この中で"Wired Al" Yankovicがアルバムジャケットでパロった映画はどれ?】

  1.「ラスト・サムライ」
  2.「スター・ウォーズ」
  3.「ゴースト・バスターズ」
  4.「カサブランカ」

正解は.....

続きを読む

スポンサーサイト

臥龍點睛(がりょうてんせい) / 陰陽座

<< 相変わらずハマってます >>

臥龍點睛(がりょうてんせい) / 陰陽座


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「蛟龍の巫女」
        「組曲『義経』」

“獣人” 、 “化物” 、 “モンスター” ときたので、最後はやっぱり “妖怪” ということで...(笑)

相変わらずハマりにハマっている、陰陽座の今のところ最新のオリジナルアルバムです。(この後にベスト盤「陰陽珠玉」、ライブ盤「陰陽雷舞」が発売されています)

1年前にベスト盤を買って、聴いて、それから過去のアルバムを買いあさりましたが、そのスタートがこのアルバムでした。それから過去のアルバムへと遡り、今では全て揃っちゃいました。それも初回のスリーブケース仕様&ミニ写真集付き。ファーストアルバム「鬼哭転生(きこくてんしょう)」にいたっては、インディーズ時代に発売された貴重盤を発見して、即購入でした...相変わらず無茶してますよね(苦笑)

さて話を戻してこのアルバムですが、何と言っても “組曲『義経』” でしょう。ツインボーカルの瞬火と黒猫の掛け合いが絶妙なスピードチューン “組曲「義経」~悪忌判官” から始まって、13分を超えるドラマティックな “組曲「義経」~夢魔炎上” 、そして締め括りのバラード “組曲「義経」~来世邂逅” と、曲もさることながらその構成が素晴らしい。恐らく大多数のHM/HRファンのツボだと思います。(特にJudas Priest、Iron Maidenファンなら間違いないかな)

『妖怪ヘヴィメタルバンド』と称しているので、Lordi同様に見た目は少し色物っぽいですが、曲は本当に良いので特にHR/HMファンは機会があれば是非!!!!!

(過去のもいずれ劣らず良い作品です)



さて話はかわりますが、今度の6月10日(日)に「ロック検定」なるものが開催されるそうです。(詳しくはこちら) 何やら面白そうなので、ちょっと受けてみようかなって考えてます(^^ゞ

  ここで問題!!(ジャッジャッ <= ウルトラクイズで使われるSEのつもりw)

【陰陽座には兄弟が1組いますが、その組み合わせで正しいのはどれ?】

  1.瞬火(兄)と招鬼(弟)
  2.招鬼(兄)と狩姦(弟)
  3.狩姦(兄)と斗羅(弟)
  4.斗羅(兄)と瞬火(弟)

正解は...

続きを読む

Evil Needs Candy Too / Trick or Treat

<< まさにジャケ買い!(爆笑) >>

Evil Needs Candy Too / Trick or Treat
trick or treat


   おすすめ度:★★★★☆
   おすすめ曲:「Evil Needs Candy Too」
         「Like Donald Duck」
         「Girls Just Want To Have Fun」
         「Who Will Save The Hero」

“獣人”、“化物”と来たので、ホラー映画つながりで...w

それにしても...

   ジャケ、可愛すぎ~♥♥♥

奥に綿飴(?)を持ったジェイソン、左にお菓子(アイス?)を持った白塗りピエロ(IT)、右には鉤爪にお菓子を刺したフレディ、その足元にはケーキを持ったグレムリン、そして中央にはペロペロキャンディを持った貞子! さらにジャケットの中もチャッキーやら「スクリーム」の白仮面やら鉤爪をつけたドナルドダックやら...w も~、ホラー好きにはよだれ物ですw

以上!...じゃないか(笑)

イタリアのハードロックバンド、Trick or Treatのデビューアルバムです。バンド名がTrick or Treat...つまりHalloweenということで、もともとHelloweenのカバーバンドとして活動していたらしいです(詳細不明)

そして音の方もまさにHelloween、それも初期の頃にそっくりです。曲の所々にHelloweenの楽曲を思わせる節も見られたりして... イントロの“It's Snack Time”からタイトル曲の“Evil Needs Candy Too”の流れは、Keeper of the Seven Keys(パート2)の“Invitation”から“Eagle Fly Free”ですし、M4の“Like Donald Duck”(曲の頭にド○ルドダ○クの声らしいものが聴こえますが、著作権の方は大丈夫なのでしょうか??)はKeeper~(パート2)の“Rise and Fall”や“Dr. Stein”のようなコミカルな曲に仕上がってます。

さらに“Who Will Save the Hero”なんて皮肉一杯の曲もあり(ちなみに挿絵は白骨化したスーパーマン)、そして極めつけは“Girls Just Want to Have Fun”!! そうシンディローパーのカバーです。

難癖をつけるとすれば、あまりにもHelloweenっぽくて個性が無いことですが、ジャケは可愛い(感じ方に個人差がありますが...w)、曲はHelloween調で格好良い、おまけにその曲のセンスも最高ときたら、これは買いでしょ!! 残念ながら日本盤は出てないのですが、見かけたら是非手にとってレジに向かいましょう!!!
プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。