スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Send Away the Tigers / Manic Street Preachers

<< 期待度120% (予定変更2)>>

Send Away the Tigers / Manic Street Preachers


   おすすめ度:★★★★★(<=恐らくw)
   おすすめ曲:全曲(<=恐らくw)

すみません。またまた予定変更です(苦笑)

さらに発売前(輸入盤は発売済ですが)なのに、あまりにも期待度が高いので、フライングでちょっとだけ触れておきます。

私が愛して止まないバンドManic Street Preachersのアルバムが5月23日に発売されます。それに先駆けてシングル“Your Love Alone Is Not Enough”が発売されたのですが...


   良いーーーーーー!!!

初めからやられちゃいました(笑) もう、何でこんなに良い曲が次から次へと書けるのか、本当に不思議です。

このシングルはThe CardigansのNina Perssonとのデュエットになっていますが、マニックスでデュエットと言ったら“Little Baby Nothing”。ファーストアルバムのこの名曲も超えてしまう程の出来です。

おまけにこの曲ではベースのNicky Wireがコーラスで歌っているのが、また最高!! ソロアルバムでは『???』なモヤモヤ感がありましたが、これでボーカリストとして目覚め、今回のコーラスに繋がったのなら、意味があったのかも知れません。

なお、すでに輸入盤の試聴は出来るのですが、初めて聴いた時の感動が半減しないように、CDショップに言っても我慢しています(笑)


ではロック検定に向けて...

ここで問題!! (ジャッジャッ)

【マニックスの名曲の1つ“Little Baby Nothing”でデュエットしている女性は誰?】

1.アンナ・ニコル・スミス
2.オリビア・ニュートン=ジョン
3.マリアンヌ・フェイスフル
4.トレイシー・ローズ

【またこの曲のラストのサビの歌詞で正しいのはどれ】

1.You're Pure, You're Snow
2.You're Evil, You're Blood
3.You're Smart, You're Star
4.You're Beautiful, You're Beautiful

正解は...

続きを読む

スポンサーサイト

Minutes to Midnight / Linkin Park

<< やばい位に良いです...(予定変更) >>

Minutes to Midnight / Linkin Park


   おすすめ度:★★★★★
   おすすめ曲:全曲!!!

前回の書き込みで「更新が滞っている間に、今年のベストアルバム候補となる作品がいくつも発売になっているので、ここは順を追って紹介していきます」などど書きましたが、早速予定変更です。その位に良いです、このアルバム!!

Linkin Parkの待望の3枚目のアルバムです。

発売前にシングルの“What I've Done”や、雑誌などでのインタビューでは、ロック色が強いヴォーカル中心のアルバムになるということで、一抹の不安を感じていました。そしていざ聴いてみると...

   ちょっと大人しいかな...

...っていうのが第一印象でした。確かに前作までのミクスチャー的な要素(ラップやスクラッチ等)はメッキリ少なくなり、その代わりChester Benningtonのエモーショナルなボーカルが前面に押し出されています。恐らく派手さが無くなった分、大人しく感じたのでしょう。

そして2回目...

   ん?!、何か良いかも...

最初はどうしてもシングル曲や派手な曲に気が取られていたのですが、じっくり聴くと他にもロック調の良い曲もちらほらと...

そして歌詞を見ながらじっくりと3回目...

   めっちゃイイ!!!

ミディアムテンポの曲も泣けてくる位に素晴らしく、3枚目のアルバムにして大御所の貫禄さえ見せ付けてくれます。まぁこれまでも良い曲はあったのですが、“良い曲を書くミクスチャーロックバンド”から“素晴らしい曲を書くロックバンド”へ進化したって感じですね。

ただ恐らく賛否が分かれるだろうとも思います。ミクスチャー的な所が好きだった人には物足りないだろうし、ロック的な要素が好きな人にとっては最高傑作となるでしょう。しかし両方好きな私としては、1、2作目があっての最高傑作の3枚目といったところです。確かにオススメしますが、過去の作品も合わせて聴いて、21世紀の重要バンドと言われる所以を再認識して頂きたいものです。

では最後にロック検定に向けて...

ここで問題!!(ジャッジャッ)

【Linkin Parkと企画盤『Collision Course』で競演した、有名ラッパーは誰?】

1.Eminem
2.Jay-Z
3.Notorious B.I.G.
4.Diddy

【Linkin Parkについて次の説明の中で正しいのはどれ?】

1.日系のDJとラップボーカル
2.日系のDJと韓国系のラップボーカル
3.韓国系のDJと日系のラップボーカル
4.韓国系のDJとラップボーカル

正解は...

続きを読む

Brett Anderson / Brett Anderson

<< 良いけど、ちょっと複雑... >>

Brett Anderson / Brett Anderson


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Love is Dead」

すっかり更新が滞ってしまいましたね。GWに風邪をひくというお決まりのパターンをやらかしてしまい、せっかく仕事が落ち着いても、なかなかキーボードの前に長時間いれなくて...

まぁそんな状態なのに、テンプレートを変更しちゃってますがね(苦笑)

ということで(どういうことで?)、書き込み再開です。

ここ1ヶ月、更新が滞っている間に、今年のベストアルバム候補となる作品がいくつも発売になっているので、ここは順を追って紹介していきます。

まずは元Suede、そして現在はTearsとして活動しているBrett Andersonのソロデビュー作です。

去年の秋にManic Street Preachersの2人がそれぞれソロアルバムを出しましたが、その時は『???』って感じの中途半端な、そしてやはりバンドとして活動した時の相乗効果の凄さを再認識していたので、このアルバムもどうかと思ったのですが...

   ...良い...

1曲目の “Love is Dead” こそ、ストリングを多用した、今までのSuedeやTearsにはなかった感じの曲ですが、聴き進めるにつれて後期のSuede、Tearsの曲と言っても良い位の出来です。SuedeやTearsが好きな私にとっては、まさにツボってやつで、期待半分だっただけにやられましたね。

ただし曲は最高なのですが、気になる点が1つ...

   これ、Tearsでも良いじゃん...

“Love is Dead”の流れでストリング多目の作風だったら納得は出来るのですが、後半のギターはTearsのBernard Butlerが弾いても良いのでは? というか、Tearsでやってくれ!! ...と思ったのは私だけでしょうか?

これで二人とも素晴らしいソロアルバムを出した(Bernard Butlerの「People Move On」は超オススメです!)のですから、今度はTearsで1+1=3以上の効果を見せ付けて欲しいものです。


ではロック検定に向けて...

ここで問題!!(ジャッジャッ)

【Suedeが名曲“Stay Together”でアメリカ進出を果たそうとした時、すでにSuedeというバンドが存在していたため、そのままの名前では発売することが出来ませんでした。そこでSuedeがアメリカ進出をする時に名乗ったバンド名は?】

1.Tears
2.The Suede
3.The London Suede
4.Brett Anderson's Suede

正解は...

続きを読む

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。