スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sug life / baroque

<< 友達の友達のバンド紹介(続き) >>

sug life / baroque


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「style」
      「ガリロン」
      「グラフィックノイズ」

kannivalismの感想を友達に話したところ、"それだったら前に組んでいたbaroqueの方がロックっぽくて良いかも" ということで、こちらも早速購入です(笑) 最初は手に入らないとか聞かされていたのですが、あっさり見つかったのは、何故? えっ、売れ残り?? まぁ、詳しくは触れないようにしましょう(苦笑)

さて、このbaroqueはkannivalismのボーカル(怜)とギター(圭)が以前に組んでいたバンドで、今はすでに解散してしまっています。音はkannivalismとほぼ同様、若干baroqueの方がストレートなロックかなって感じですね。ちなみにこのアルバムにもドラムのクレジットはありません...(何故??)

そしてやはり気懸かりなのは、ボーカルの弱さ。基本的にロックなので何を言っているのか分からなくても良い(-_-;)ですが、バックの音にかき消されそうなボーカルっていうのは... ちょっと工夫が必要だったのかも知れませんね。

baroqueもkannivalismもセルフプロデュースだから、ここは思い切って外部のプロデューサーを招いてみるのも良いかも。

ちなみにベスト盤も出てます。


友達の友達っていうことだから宣伝する訳ではありませんが宣伝する訳ですが(笑)、気になったら聴いてみて下さい。それとクレームは私ではなく本人達に直接お願いしますw
スポンサーサイト

Nu age / kannivalism

<< 友達の友達のバンドの紹介です >>

Nu age / kannivalism


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「age.」
      「ドミノパーティー」
      「きみミュージック」

こんな風に音楽のブログをやっていたり、あらゆるジャンルの音楽を聴くのが趣味という話になると、「ちょっと聴いてみて!」って言われることが、ホント稀にあるものです。

このkannivalismも、きっかけはそんな感じです。友達の友達なので、ちょっと論評しにくい部分もありますがねw

はじめはロックだと聞いていたのですが、話が進むにつれて "ミクスチャー?" って思い始めて(だってメロに合わせて歌ってないって言うから...)、まぁミクスチャーならということで、ショップで見つけ出して購入でした。

初めて聴いた感想はズバリ...

   音、軽!!

ギターがかき鳴りベースが唸っているのですが...重さが感じられない。おまけにボーカルもちょっと軽い... クレジットを見るとやはりドラムが不在! ちょっと納得ですね。

レーベルがAVEXということも関係しているのかも分からないけど、曲はかなりキャッチー、でもギターやベースはもっとロックしたいような感じで、ちょっとアンバランスですね。個人的にはもっとロックしてもらった方が好きですがw (聞いた話ではAVEXから出るということで、ちょっと抑え気味にしたそうです...)

ファーストアルバムなので今後の方向性が楽しみですが、もうちょっとボーカルに頑張ってもらって、本格的なミクスチャー路線を突っ走っていってもらいたいです。次の展開を期待しましょう。

ちなみに見た目はこんな感じです。


ビジュアル系が好きな人には、良いかも知れませんw

それと7曲目の「Sugar rainy」がGLAYに聴こえるって言ったら、友達に怒られちゃいました...(苦笑)

ぶっ生き返す / マキシマム・ザ・ホルモン

<< 相変わらずぶっ飛んでます! >>

ぶっ生き返す / マキシマム・ザ・ホルモン


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:「ぶっ生き返す!!」
      「絶望ビリー」
      「ブラック¥パワーGメンスパイ」
      「アカギ」
      「What's up, people?!」
      「恋のメガラバ」

更新が滞っている間にマキシマムザホルモンの2年ぶりのアルバムが出てましたね。

相変わらずホルモン節炸裂!!って感じですが、アニメ(デスノート、アカギ)に使われている曲も多く、また曲全体が非常に聴きやすくなっているので、お子様でも(...ん、ダメ?!)安心してオススメできます。あっ、でも裏ジャケットはお子様にはNGかもw

裏ジャケはこんな感じ=>ura


それと蛇足になりますが、胎教には非常に好ましくありません(爆笑)

Favourite Worst Nightmare / Arctic Monkeys

<< 世界中(?)で大注目のセカンドアルバム >>

Favourite Worst Nightmare / Arctic Monkeys


おすすめ度:★★★★★(<=やっぱり悔しいけどw)
おすすめ曲:「Brianstorm」
      「Fluorescent Adolescent」
      「Only Ones Who Know」

約1年前のファーストアルバムが各種メディアで大絶賛されたArctic Monkeysのセカンドアルバムが早くも登場です。

普通、大ヒットの後に作られるアルバムって、多少なりともプレッシャーになって完成が遅れるものですが、約1年での発表。おまけにファーストの評価が高かったもので、発売早々から各種メディアが取り上げる加熱ぶり...やはり天邪鬼な私は、若干のためらいを感じながら購入し聴くと...

   やっぱ、エエなぁ~

音を聴く限りでは、プレッシャーなんか何処吹く風って感じで、相変わらず何とも微妙な古めかしさを残すギターロックです。特に1曲目の「Brainstorm」は、まさに “やられた~” って言ってしまいそうなほど、ツボを捉えたかっちょ良い曲です。

恐らくファーストと比べて云々言う人が多いかと思いますが、どちらも格好良いのは事実です。ロックなんだから、小難しい理屈は抜きにして、良い物は良いでいいんじゃないでしょうか。まぁ、天邪鬼の私が言うのも変ですがね(切腹!)

The Heart of Everything / Within Temptation

<< これはやられました... >>

The Heart of Everything / Within Temptation


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:「Howling」
      「What Have You Done」
      「Frozen」
      「Heart of Everything」

去年のLoud Parkに出演し、にわかに注目を浴びつつあるWithin Temptationのニューアルバムです。

前作「The Silent Force」ではボーカルのシャロンの美しさ...じゃなくて歌唱力が遺憾なく発揮されていましたが、このアルバムでもこれまで以上にボーカルが強調されています...というか、ストリングの音が多くなってバンドの本来の音が少なくなったような気もしますが(苦笑)

そして今回のアルバムで特筆すべきは、その楽曲が想像以上にキャッチーになったこと。恐らく昔からのファンにとっては複雑な変化かも知れませんが、前作では曲の印象が薄かった感のある私にとっては、モロにツボに入ってしまいましたね。特にファーストシングルの「What Have You Done」では、ゲストボーカルにKeith Caputoを迎えて、見事な掛け合いを見せています。まぁ、Evanescenceの「Bring me to Life」とまるかぶりですがね、そこは両方とも良い曲なので目を瞑りましょうw

Evanescenceが好きな人ならば間違いなく気に入ると思います。もちろんゴシックメタル好きな人にも、女性ボーカルものが好きな人にもオススメです。そしてもちろん美しい女性が好きな人にも♥(爆笑)

(ちなみに容姿はこんな感じです)

Best Damn Thing / Avril Lavigne

<< 新妻Avril、吹っ切れちゃってますw >>

Best Damn Thing / Avril Lavigne


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Girlfriend」
      「Runaway」
      「When You're Gone」

いや~、すっかり更新が滞ってしまいましたね。ロック検定が終わってから携帯で更新して依頼だから...約2ヶ月ぶりですかぁ~ 仕事&私用で色々と忙しくて、なかなか更新も出来ず、おまけに他のブログにもコメントを入れられず...(T_T) でもまぁ、“徒然なる論評”ですからw

さて久しぶりの論評の前にロック検定の結果発表です!!!

 (ドロロロロロロロロロロロ~ ジャン!! ← ドラムロールのつもり)

   3級 合格!!!
   (2級はダメでした...)

ただし詳細(点数とか順位とか)が分からないので、どの位の位置にいるのかは全く不明です。(主催者の方、今後のモチベーションのため改善願います...って、こんなブログ見てないかw)

さてAvrilのニューアルバム...って、もうかなり前に出てるのでほぼ説明不要かな。シングルカットされた「Girlfriend」が今までのAvrilでは考えられないような、超ーーハイテンションな曲。まるでこの前の選挙の速報番組の様に、曲の頭を聴いただけで “ヒット確実” って感じでしたからね。当然、アルバムの方も全く心配なく、過去2枚のちょっとだけダークな部分も影を潜め、とことん明るい楽曲で押しまくってます。

まあ、私生活も充実し過ぎる程に充実しているので、その気持ちがそのまま出たアルバムなんでしょうね。とにかく元気になりたい人にはオススメの1枚です。

「Girlfriend」の日本語バージョン(ダウンロードのみ)もあるようですが、こちらはちょっとしたご愛嬌かな...(^_^;)
プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。