スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年のお気に入り

今年も残すところあと僅かとなりました。ここで毎年恒例(いつから?)の2007年のお気に入りを、“徒然”と書き並べてみましょう。

・Send Away the Tigers / Manic Street Preachers


のっけから思いっきり私情が入ってます(笑) やっぱり今年を振り返るとマニックスのこのアルバムがまず始めに来ますね。去年、フロントの二人(と言っても今は3人しかいませんが...)がソロアルバムを出したのでしばらくマニックスとしての活動はないと思っていた矢先に発表されたこのアルバム、やはりこのバンドの力はスゴイですね。ソロでは何故か物足りない感じがするのに、3人が一緒に演奏すると、ソロの時の3倍どころか、もはや無敵状態になってしまいますからね。何故、こんなにも良い曲が書けるのか、本当に不思議な位です。

でも、いまだにRichieの影が見えてしまうのは、私だけでしょうか...

・Mindcrime at the Moore / Queensryche


これもかなりの私情が入ってますね。去年、ロックの歴史の中でも名盤と言われている『Operation:Mindcrime』の続編を発表したQueensrycheですが、この2枚のコンセプトアルバムをライブで完全再現してます。何がスゴイってこの2枚のアルバムがスゴイのは当然ですが、それをライブで再現、それもSE部分にアレンジを加えて、スタジオアルバムでは曖昧だった部分を補足するという徹底振り。おまけに『Ⅱ』ではDr.X役としてRonnie James Dioが参加していますが、ライブでも参加してファンには涙物の内容になってます。

ちなみに私はCDとDVDを同時購入しちゃってます(苦笑)



・The Heart of Everything / Within Temptation


Evanescenceの出現以降、注目を浴びている女性ロックボーカルですが、今年は何と言ってもWithin Temptationのこのアルバムがずば抜けているでしょう。シャロン嬢の歌声は相変わらずの美しさですが、楽曲がかなり進歩しています。多少、ストリングスに頼っている部分はありますが、そのお陰でボーカルが際立って聴こえるという効果を生んでいます。

楽曲が映画とかに使われると、本当にブレイクしそうな感じがあります。

・In Rainbows / Radiohead


年末に発表されて、各音楽雑誌のベストアルバムの座を根こそぎ奪い取っている、Radioheadのニューアルバムです。始めはネット上で発表され、値段もダウンロードする側に決めてもらうという、かなり大胆な企画ですが、言い換えればそれだけこのアルバムに対する自信の表れなのかも知れません。そしてその内容は、本当に素晴らしいの一言。久しぶりにロックしているRadioheadを聴いたような気がしますが、この格好良さは認めざるを得ませんね。

ここ最近のヘヴィローテーションです。

・Minute to Midnight / Linkin Park


世界が認めたロックバンド、Linkin Parkの“問題作”です。最高のミクスチャーバンドから最高のロックバンドへの成長がまざまざと出たアルバムです。前までの2作では楽曲でのラップ比率が高くて、ボーカルChesterの存在が若干薄く、何故もっと歌わせないんだと言われていたので、その答えがやっと出たって感じですかね。そしてその答えは大正解! これ程までストレートなロックアルバムになるとは思ってもいませんでした。

最高のロックバンドが次に打つ手は...次品が非常に楽しみですね。

・Rise of the Tyrant / Arch Enemy


デスメタルに市民権を与えたと言っても過言ではない、Arch Enemyの最新アルバムです。このアルバムでは一時脱退いていたアモット兄弟の弟クリスが戻ってきたこともあって、非常に気合が入ったのか、それともバンドそのものが安定したのか、これまで以上にメロディックなデスメタルに仕上がってます。そしてアンジェラ嬢のデスボイスも絶好調! 楽曲の良さと相まって、他のバンドが着いて来られない領域にまで達してしまった感があります。

デスメタルがただ騒いでいるだけの音楽だと思っている人に是非聴いてもらいたいですね。

・The Arockalypse / Lordi


今年の前半の話題をさらっていったLordiの出世作です。容姿のインパクトはさることながら、北欧メタルならではのメロディックな楽曲とのアンバランスが、私だけでなく日本のロックファンのハートをつかんだみたいですね。すでに来日も果たしちゃってますし...来日?! まさかあの格好では...来てないですよね(笑)

くれぐれも一発屋にならないことを祈ります...

・Favourite Worst Nightmare / Arctic Monkeys


悩みに悩んだ結果、やっぱりこのArctic Monkeysのセカンドアルバムは外せないでしょう。本当にこいつら格好良過ぎますよ。ファーストがあれだけイギリスで大ヒットして、その後のアルバムですから、若干の不安を感じていましたが、聴くとその心配は全く無用でしたね。本当に自分達の好きな音楽をやっているんだろうなぁ~って感じがひしひしと伝わってきます。

次のアルバムも同様の路線で、突っ走っていってもらいたいですね。

・We'll Live and Die in These Towns / The Enemy


Arctic Monkeysと同様にブリットロックの王道を行くバンドがもう一つ表れました。それがこのThe Enemy。3ピースバンドによる、まさにストレートでシンプルな楽曲は、清々しい気分にさせてくれますね。良い音楽っていうものは不思議なもので、きちんと受け継がれて、そしてArctic MonkeysやThe Enemyのような若いバンドの音となって表れるんですよね。それも現代風にアレンジされて...

だから音楽、そしてロックはやめられない~

・ぶっ生き返す / マキシマム・ザ・ホルモン


マキシマム・ザ・ホルモンズのセカンドフルアルバムですが、相変わらずぶっ飛んでます!! 初めから終わりまで“ホルモン節炸裂!!”って感じですが、このアルバムでは深夜アニメに使われた楽曲が多く含んでいるので、少しは馴染みやすいかな? でも馴染みやすさやヒットなんか関係なく、常に全力でホルモンらしさを貫いていってもらいたいですね。

次はどんな風に暴れてくれるのでしょうか?


以上、徒然と書いてみましたが、やはり今年はロックアルバム多いですね。もっとポップな感じの曲もR&Bやラップも聴いたりしますが、印象としてはやっぱりロックの方が上なのでしょうね。



あまり数は読んでいないのですが、本も昨年同様に3冊を紹介しましょう。

・『楽園』宮部みゆき


映画化もされた宮部みゆきの代表作『模倣犯』の続編が、これまたハードカバーの上下巻という“大作”で発表されました。『模倣犯』の事件から9年、事件の陰を引き摺りながら雑誌のライターをやっている前畑滋子に、死んだ息子の能力を調べて欲しいという依頼が舞い込むが、調査をしていると思いもよらぬ展開に... 『模倣犯』の前知識が無いと難しい作品ですが、読み切って思い入れがある人には嬉しい作品です。もう分厚いハードカバーも関係ありません。一気に読めちゃいましたね。


・『千里眼』シリーズ 松岡圭祐


『千里眼』シリーズは以前にも出てましたが、新シリーズが今年の初めからスタートしました。天邪鬼的な性格ですから、どうせ昔の焼き直しだろ程度にしか思っていなかったのですが、読み始めると面白い! 『楽園』とは逆に文庫本で300ページ程度と非常に読みやすく、千里眼こと岬美由紀の超人的な活躍は、読んでいてスカッとしますね。

・『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』入間人間


ちょっと雰囲気の違う作品をここで。この作品の出版は電撃文庫、つまりライトノベルと言われるジャンルにあたります。

ライトノベルと言えば、漫画を原作にしたり、アニメ化になったりと、イラストと結びついて文章のだけで勝負することもなく、またその内容は漫画やアニメのようにありえないシチュエーション、ストーリーを扱っているイメージがあります。

この作品も内容的には突拍子も無いストーリーなのですが、タイトルからでも分かるように、ちょっと普通のライトノベルとは異質です。

詳細の内容は読んでもらいたいのですが、嘘つき(虚言壁?)の男の子と、壊れた(キレた?)女の子、そして誘拐と殺人...これらのキーワードで十分に異質だと分かってもらえるかな??


映画はほとんど観ていないので、今年は割愛!(苦笑)


と言うことで(どういうことで?)、今年は何かと忙しかったせいで、本を読んだり映画を観たりする時間がほとんど無い一年でしたね(涙)

最後にこれまたいつものように特別賞(笑)ですが、今年は悩みました...




まずはLed Zeppelinの再結成ですかね。特に『永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強版盤』は、Zeppelinに思い入れの無い私でも、本当にロックの格好良さを再認識させられたライブアルバムでした。ライブを見に行った人...ちょー羨ましい!!

そしてもう一つ。



そして泣く子も黙る(笑)、David BowieのライブDVDです。Bowie史上、最も評価の低いアルバム『Never Let Me Down』発表後の、Glass Spiderツアーの様子を収めたものですが、何と言ってもこのDVDがスゴイのは、今までのDVDでは入ることのなかった“Modern Love”でのエンディングが始めて収録されたこと!! これだけでも買う価値ありです。ただし同じ価値観を共有できる人は、ごく僅かだと思いますので、注意して下さい(笑)


と言うことで(だから、どういうこと?)、今年はこれでお終いです。今年は一時、ブログの更新が滞ったりしましたが、そんな時でも見に来てくれる人がいて、本当にありがとうございます。また通り過ぎただけの人もありがとうございます。来年もそんなに更新頻度があがる訳でもありませんが、気が向いたら立ち寄って、何か感じるところがあったら、コメントしていって下さい。

ちなみに私の今年の十大ニュースのトップは、ちょっと世界を拡げるためにアメブロを始めたこと(内容はこことほぼ同様ですw)と、気に入ったアルバムジャケットを壁紙にしていたら、顰蹙をかってしまったことかな...(苦笑)

ちなみにこんなジャケットを壁紙にしていました。


まぁ、私に言わせたら...

  ほっといてくれ!!

って感じですけどね(爆笑)

スポンサーサイト

We'll Live and Die in These Towns / The Enemy

<< まさにシンプル・イズ・ベスト! >>

We'll Live and Die in These Towns / The Enemy


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Away from Here」
        「Pressure」
        「It's Not OK」

以前にも同じ様な状況がありましたが、このような音楽ブログをやっていると、他のブロガーの記事をちょくちょく読みに行ったりします。そんな何気ない繋がりの中から過去には富岡多恵子(ドラム小僧さんより)やDeath Cab for Cutie(リオさんより)やWithin Temptation(fumiさんより)といったアーティストたちを知って聴くようになりましたが、再びリオさんのブログで面白いバンドを知りました。

詳細は全く知らないのでさっき調べた(笑)ところによると、イギリスの3ピースバンドで、このアルバムがデビューになるそうです。サマソニにも出ていたらしいのですが、私は全くノーチェックでしたねぇ~ そもそもイギリスのチャートって、あまり見る機会がない...

さて、そんな前知識もなく音を聴くと...

   おぉ~、かっこえぇ~

典型的な最近のブリットロックです。若干、Arctic Monkeysとダブってしまっているところはありますが、どちらも良いです。懐かしいです。心地良いです。やっぱりドラム、ベース、ギターというシンプルな構成で、これだけストレートなロックを奏でられたら、もう黙って聴くしかないでしょう。

雑誌の記事とかでは先程のArctic MonkeysやOasisと並べられているようですが、あまり参考にならないというか、それぞれが個性があるので、下手に比較しないで素直に音を楽しむことをオススメします。

最後にリオさん、また面白いバンドを教えてくれてありがとう。でも、リオさんの年齢からすると、こういう音は新鮮に感じるのでしょうね。また参考にしますので、面白いものを発見したら記事を書き込んで下さいね。

Folie a Deux / Head Phones President

<< 美しい花には棘がある? >>

Folie a Deux / Head Phones President


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Chain」
        「Ladyrinth」

前の書き込みでThe AgonistのAlissa嬢の容姿と声(デスボイス)とのギャップについて書きましたが、日本にもそんな人がいましたね。

このHead Phones PresidentのボーカルはANZAなる女性。ちなみに容姿はこんな感じ。



いや~、綺麗ですね。実はこの人、本名は大山アンザ。桜っ子クラブというアイドルグループのメンバーだった人です。ちなみにミュージカル版の美少女戦士セーラームーンにも出ていました。



音の方は...いや先にボーカルの方は、この容姿からは想像が出来ないほど絶叫しています。完全にヘヴィメタルしちゃってます。現在の容姿は分からないのですが、以前の写真を見る限り、あの声は想像出来ませんね。そういった意味ではAlissa嬢以上のインパクトはあるかも知れません。

曲は...ん~、まあまあかな。前に聴いたアルバムでは今一つの印象だったのですが、このアルバムについては成長があるだけ、まだ聴けるって感じですね。



ちょっとボーカルのインパクトにやられちゃっている感はありますが、このダークで重い雰囲気のヘヴィメタルは悪くありません。更なる成長に期待かな。

Once Only Imagined / the Agonist

<< Angela嬢以来の衝撃かな >>

Once Only Imagined / the Agonist


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Rise and Fall」
        「Born Dead, Buried Alive」

女性のデスメタルボーカリストと言えば、Arch EnemyのAngela嬢が真っ先に思い出されますが(って私だけ?)、そのAngela嬢に負けず劣らずの個性を持つAlissa嬢をフロントに擁したカナダのメロディック・デスメタル・バンド、The Agonistのデビューアルバムです。

このバンドの売りは誰が何と言おうと、ボーカルAlissaの容姿...じゃなくて(容姿も良いけどねw)、デスボイスのクリーンボイスとの絶妙なコントラストですね。はっきり言って全くの別人が歌っているようにも聴こえてしまうほど、全然違うタイプの声を使い分けています。

この調子なら基本的にはツボなのですが...

   ん? 何か違う...

初めはその違和感が何から来るのか分からなかったのですが、聴き込んでいくうちに判明したのが...

   声の使い分けが逆?!

普通、この容姿を見ればどんな声を想像するかと言えば、10人中8人はクリーンボイスと答えます(あっ、数字の方は適当なので気にしないで下さいw)。そして普通の女の子が突然デスボイスで歌うのが意外性があって、より歌声のコントラストが強調されるのですが、初めっからデスボイス、おまけにサビの部分でクリーンボイスでは...逆でしょ~って感じです。

タイプ的には好きなバンドですし、このボーカルスタイルも面白いと思うので、もう少し戦略をねって欲しかったということで...う~ん、惜しいなぁ~

ちなみに個性的な女性ボーカルと言えば、少し前にIn This Momentなるバンドもデビューしてましたね。

Beautiful Tragedy / In This Moment


こちらはデスメタルというより、ゴシックメタルですね。

音は結構良い感じです...でもこのボーカリストの女性(Maria嬢)、全身タトゥーで覆われています...(涙)

めり~ くりすます~


またまた来ましたこの季節...

   Merry X'mas !!

まぁ、クリスマスといっても普通に仕事してますがね(涙)

年末にかけて全く更新できる暇がないのですが、もう何枚か書き込みをしてから、毎年恒例(?)となった"今年のお気に入り"を徒然と書き込みたいと思ってます。

ネタは...今年は買ったCDをメモ帳に書き込んでいったのですが、すでに200枚オーバー(苦笑) 有り余っちゃってますね(爆笑)

Angel Down / Sebastian Bach

<< 相変わらずがなってロックしてます >>

Angel Down / Sebastian Bach


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Angel Down」
        「Back in the Saddle」(<=ゲストボーカル W. Axel Rose(涙、涙...))

1980年代の終わりから1990年代初頭にかけて、まさに“一世風靡”したSkid RowのフロントマンSebastian Bachのソロアルバムが、何故か今頃(苦笑)発売されました。

当時のSkid Rowは本当にスゴイ勢いのあるバンドで、セカンドアルバムの『Slave To The Grind』は全米初登場ナンバーワン! HR/HM系のバンドとしては当時は快挙と言っても言い過ぎではないでしょう。そして容姿も良い(私的にはギターのDave “The Snake” Saboが好きですがね)ことも相まって、日本でも絶大な人気を誇っていました。

そんな絶好調の中で発表されたサードアルバム『Subhuman Race』で急に大失速。おまけにバンドの顔であったSebastian Bachの脱退と、後は急な坂を転げるが如く...

残ったバンドのメンバーが新しいボーカルを入れて四苦八苦している中、Sebastian Bachはゲストボーカルで他に人のアルバムに参加したり、ミュージカルに出演したりと、時々顔が見え隠れする程度だったところで、このフルソロアルバムの発売です。でも何故この時期に??

Skid Rowのクオリティの高い曲を知っている人にとっては、ちょっと曲自体に満足は仕切れませんが、ボーカルスタイルは以前のまま、相変わらずねちっこい声で唸っています。まぁ、このボーカルが聴けただけでも、とりあえず及第点かなって感じです。

後は別行動しているDave “The Snake” SaboとRachel Bolanと再び組んで、『Skid Row 復活!!』なんてニュースが聞かれると非常に嬉しいのですが...無いかな??? どう考えてもソングライティングは2人の方が良いですからねぇ~

永遠の詩(狂熱のライヴ)~【最強盤】 / Led Zeppelin

<< もう言葉が出ないっす・・・ >>

永遠の詩(狂熱のライヴ)~【最強盤】
   The Song Remains The Same / Led Zeppelin


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:全曲...というかアルバム全体がオススメ

いやぁ~、最強ですよ、最強!!

以上!!

...と、終わらしても良いのですが、簡単にコメントを書かないとこのブログの意味がありませんのでw

1973年7月、マディソンスクエアガーデンでのライブパフォーマンスを収録したドキュメンタリー映画『狂熱のライブ (The Song Remains The Same)』のサウンドトラックとして31年前に発売されたアルバムに、未発表の6曲を追加し、リマスターまでされて発売されました。まさに【最強盤】という言葉にふさわしいアルバムになってます。

洋楽を聴き始めた頃は、どうしても長尺な曲が苦手だったのですが、最近は歳のせいか味わい深く聴く事ができるようになりました。そしてZeppelinも正直に言ってあまり思い入れは無かったのですが、今ではイントロを聴くだけでつい“カッコイイー!!”って叫んでしまいそうなほどです。特に昔はモヤモヤ感というかマッタリ感がだるくて、あまり好きではなかった“幻惑されて(Dazed and Confused)”のチョー色っぽいヴォーカルに、もだえるような感覚を覚えたり、これまた大した曲だとは思っていなかった“Moby Dick”では、John Bonhamのドラムに、思わず“スゲー!!”って呆然と聴き入っちゃってます。

この書き込みの前にLez Zeppelinなるカバーバンドのアルバムを紹介しましたが、やはり本物は格が桁外れに違います。そしてベストアルバムも良いですが、即興演奏の緊張感と迫力がある分、私としてはこっちを強く薦めますねぇ~

まぁ、入門編としてならベスト盤も良いですけどね...

Lez Zeppelin / Lez Zeppelin

<< 本家より色気が無いのはまずいでしょ(苦笑) >>

Lez Zeppelin / Lez Zeppelin


おすすめ度:★★☆☆☆
おすすめ曲:「Rock and Roll」
        「Communication Breakdown」 (原曲の良さで選択しました)

まあ、バンド名で分かるようにLed Zeppelinの女性カバーバンド、Lez Zeppelinのアルバムです。

すこし前にIron Maidenも同じ様に女性カバーバンドのアルバムが出ていたので、こちらも面白そうだと思って早速購入したのですが...



   普通じゃん!!

普通に女性ロックバンドがLed Zeppelinの曲を演奏しているだけなんです。それ以外は何も変わったところがありません。“完コピ?”と思わせるのですが、恐らくそんなことは追求していないでしょうね(苦笑)

おまけにボーカルがこれまた普通!(また苦笑) 原曲のボーカルはRobert Plant。非常に独特な悩まし感たっぷりの声質なので、普通の声で歌われても、何となく他人がカラオケで唄っているのを聴いている以上には思えません。

まぁ、企画としては面白い(Iron Maidenのカバーの方は原曲が男っぽい分、かなり楽しめます)のですが、ちょっと題材が悪かったですねぇ~ それとジャケもつまらないし...

むしろ低価格で本家のベスト盤が発売されたので、聴くなら絶対こちらを薦めます。
(だったら最初っからこっちを書き込めってねw)
プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。