スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tales for Bad Girls / Forever Slave

<< これは化けましたね~ (もちろん良い意味で)  >>

Tales for Bad Girls / Forever Slave


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Dickhead!」
        「Say Good-By」
        「Gothix Girls」

以前、Nightwishの元ボーカルTarjaの後任候補として名前の挙がったAngellyca嬢を擁するForever Slaveが、妙に洗練された姿になって戻ってきました。

ジャケットの美しさもさることながら、驚かされるのがその楽曲のクオリティの高さ! 本当に同じバンドの音なのかと疑ってしまうくらい、非常にPOPな仕上がりになっています。

以前の書き込みで「何かのきっかけで化ける可能性はかなり含んでいる」と書きましたが、メンバーチェンジによってクラシカル(オペラチック)な部分は半減し、よりロックテイストが強まったおかげで、前作では完全に楽曲の雰囲気に負けていたAngellyca嬢のボーカルが非常に活きています。改めて聴くとNightwishの後任ボーカリストとして噂がたつ程の実力があったと再認識させられますね。
(NightwishのボーカルがTarjaとは異質のAnnet嬢になったことを考えれば、遜色はなかったかも)

再び何かをきっかけにEvanescenceやWithin Temptationと肩を並べるバンドに成長してくれることを期待してます。

ちなみにファーストアルバムではこんな感じのジャケットでした。


見れば見るほど、マニア向けのジャケですよね~

スポンサーサイト

Nostradamus / Judas Priest

<< ノストラダマスでざますw >>

Nostradamus / Judas Priest


おすすめ度:★★★★?
おすすめ曲:「War」
        「Persecution」
        「Nostradamus」

いやぁ~“Nostradamus”って、“ノストラダムス”じゃなくて本当は “のぉすとらだぁます”って発音するんですね。

以上!!

...って、それで終わるわけにはいかないですね。

とうとう出ました、Judas Priestのまさに問題作、その名も『のぉすとらだぁます』。

前作でRob Halfordが復活して、評価は次作と思っていたところで、まさかのコンセプトアルバム。おまけに音的にもゴリゴリのヘヴィメタルではなく、ストリングスを多用して、むしろプログレっぽい感じ。こうなると評価が非常に難しくなりますね。練りに練ったような雰囲気はあるのですが、恐らく多くのJudas Priestファンが望んだ音とは離れてしまっているんだろうなぁ~というのが、初めて聴いた感想です。中にはキラリと光るような楽曲もあるのですが、SEで曲間を繋いだ上にトータル100分という超大作さが、逆効果になっちゃってますね。

以前に『Turbo』というこれまた問題作を出していましたが、コンセプトアルバムという重厚な雰囲気である分、ちょっと不安ですね。コンセプトの関係上、収録できなかった楽曲をアルバムにまとめて、間髪入れずに出してくれないかな...何てちょっと思っています。

...と、ここまで問題作と言い続けていますが、おすすめ度は4つ星+?。というのは、Judas Priestという冠を外せば、非常に手の込んだヘヴィメタルアルバムだからです。ここまで重厚な音を100分も聴かせ続ける構成力は凄まじいものがあります。

何かどっちつかずの論評になってしまいましたが、きっと評価も両極端に分かれてしまうのではないでしょうか。Judas Priest信者にとっては、批判はしたくないけど、認めたくも無いような微妙な感想をもつと思います。こうなると後は自分の耳で確かめるしかありません。

なおこの記事を読んで購入し、失敗したと思っても、私にクレームを言うのはやめて下さいw

Third / Portishead

<< こちらもオリジナルアルバムとしては11年ぶり >>

Third / Portishead


おすすめ度:★★★★☆(評価は分かれるかなぁ)
おすすめ曲:「Silence」
        「Hunter」
        「We Carry On」
        「Machine Gun」

こちらも久しぶりのアルバムを出しましたPortishead。ちなみに音楽性はABCとは全く違います。むしろ両極端に居ますw

これでもかって位に暗く陰鬱な、痛々しいほどの退廃感が漂うファーストアルバム『Dummy』で衝撃的なデビュー飾り、セカンドアルバム『Portishead』ではさらにその世界を深く掘り下げ、おまけにライブアルバムではライブでは不可能と思われたアルバムの世界観を見事に表現したら、突如として姿を消してしまいました...

そんなPortisheadがニューアルバムを完成させ、発売が決定したという記事を見た時は目を疑いました。そしてどんな音で戻ってくるのだろうと...

でもそんな不安は全く無用でした。PortisheadはPortisheadでした(笑)

相変わらずの陰鬱さ、相変わらずの退廃感を全面に漂わせています...でも、久しぶりに聴いたからなのか衝撃的というよりも、どことなく懐かしい感じがします。決して私の心が荒んでいるわけではないと思いますが...(苦笑)

古い映画を思わせる1曲目の「Silence」からPortisheadの独特な世界観が始まります。そして時に暗い、時に激しい電子音が鳴り響き、Beth Gibbonsのボーカルがさらに陰鬱な世界に引き摺り込む...もう終始圧倒されっ放しですね。

多くの人に体感してもらいたい音だけど、間違ってもハッピーな音ではないので、あまり万人にはオススメはできないかな。薬じゃないけど、用法用量を守って正しく聴いて下さい(笑)

Traffic / ABC

<< 約11年ぶりのアルバム? >>

Traffic / ABC


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:「Sixteen Seconds to Choose」
        「The Very First Time」
        「Ride」
        「Love is Strong」

私が洋楽を聴き始めて約25年、初めてはまったアーティストと言えばこのABC。アルバムを出すごとにメンバーチェンジを繰り返し、仕舞いにはフロントマンのMartin Fryのソロプロジェクトになり、『Skyscraping』を出してから全く音沙汰が無かったのですが、先日、iTunesでABCのセカンドアルバムをダウンロードしていたところ、見慣れないアルバムが...

   聞いてないよ~(...ダチョウ倶楽部風)

いつの間にか新しいアルバムを出していました。一応、毎月洋楽を扱う雑誌を立ち読み(m(__)m)して新譜はチェックしているのですが、全く気付きませんでした...というか、取り上げられてたのか??

何はともあれ色んなCDショップを探してやっと購入です...iTunesでダウンロードしないのは...まぁ、プライドってやつですよ(苦笑)

さてこの奇跡的なニューアルバム、前情報でドラムにDavid Palmerが復活(ファーストアルバム以来です)し、音的にはセカンドアルバムに近いとのこと、おのずと期待感が高まります。

そしてCDをセットしプレイボタンを押すと...完全にタイムスリップ状態!! もう初っ端からABC節炸裂って感じです。前情報通り、セカンドに近くてロックテイストが強いところも、完全に私のツボ。何でこんなに上質なポップアルバムをどの雑誌も紹介しないのか、本当に不思議でしょうがありません。まぁ、私が見落としているだけかも知れませんが...

捨て曲無しのポップアルバム、恐らく知らない人の方が多い、おまけに入手困難かも知れませんが、見つけたら是非レジに直行して下さい。

(でも、本当にCMとかで使われちゃったりしないかな~)

あっ、当然セカンドアルバムもオススメです。

Viva La Vida or Death and All His Friends / Coldplay

<< ここまでくると神がかってます >>

Viva La Vida or Death and All His Friends / Coldplay


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:「Cemeteries of London」
        「Lost!」
        「Viva La Vida」
        「Violet Hill」 ...他7曲(って、全曲じゃん!)

やってくれましたよ、Coldplay!!

デビュー以来、『パラシュート』、『静寂の世界』、『X&Y』と立て続けに素晴らしいという言葉すら生温いほどのアルバムを出し続け、次はもうないのではないかという不安が渦巻く中、そんな不安なんか吹き飛ばし、世界中の期待に応えるようなアルバムが完成しました。

...などと、感動に任せて書き綴ってますが、久しぶりの書き込みです(苦笑)

さて話を戻して、Coldplayのニューアルバム、邦題は『美しき生命』。何とも思いタイトル、おまけにプロデューサーがBrain Eno。前作の『X&Y』の時もタイトルだけ聞くとかなりの不安でしたが、今回もかなりハードルを上げた感もあって非常に不安でしたが...

   でも、そんなの関係ねぇ!!(...小島よしお風)

って言わんばかりの素晴らしさ。確かにBrain Enoの手腕がなせる技なのか、曲に若干の変化(シングルヒットまっしぐら的な曲は明らかに減ってます)が見られますが、どの曲を聴いてもColdplayです。聴けば聴くほど、じわじわっと楽曲の素晴らしさが身に染みてきます。久しぶりにリピートでアルバムを聴きたくなりますね。

1曲目のインスト曲「Life in Technicolor(天然色の人生)」も始めは“おやっ?”って思わせますが、アルバムのラストを飾る「Death and All His Friends(生命の幻影)」を聴くと納得、そしてまた初めから聴きたくなる... 聴くたびに色んな発見があるアルバムです。

前作までは商業ロックという声も聞かれなくはなかったのですが、このアルバムを聴くと彼らは商業ロックを演っているわけではなく、純粋にColdplayの音楽を演ってるだけなんでしょうね。

そしてこのアルバムが転機になるとか言われていますが、はっきり言って“心配無用”だと思いますので、難しいことは考えずに良い音楽に身を委ねることをオススメします。

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。