スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Becoming / Ari Koivunen

<< This is 眼力 その2 >>

Becoming / Ari Koivunen


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「Under The Burning Sky」
        「Sign of our Times」
        「Hero's Gold」

こちらも負けず劣らずの眼力ですね。白目の中の血管まで見えちゃってます(苦笑)

デビューアルバムである前作『Fuel for the Fire』でフィンランドの記録を塗り替えた、オーディション番組「IDOLS」の優勝者Ari Koivunenのセカンドアルバムが早くも登場です。

前作では北欧の有名どころのアーティストが曲作りに参加していて、“優勝おめでとう!”的なアルバムだったために、このアルバムで真価を問われるところですが、“まぁまぁ”って感じですかね。やっぱりボーカルは上手いんですが、それまでって感じで、今一つ物足りないというか、もう一癖あった方が良いんですけどね~ 曲が普通になった(作曲はバンドのメンバーとの共作となっています)だけに、もう一工夫欲しいです。

そんな中でも北欧らしい疾走曲では上手くハマるところがあるので、前作でも示したように楽曲さえ恵まれれば、その実力はさすがですので、これからの成長に期待ですね。

ちなみにジャケではかなり睨みをきかせてますが、インナーの写真では"一番"とプリントされたシャツを着たりして、ちょっとお茶目なところを見せています。


スポンサーサイト

Karma Killer / Negative

<< This Is 眼力 >>

Karma Killer / Negative


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「A Devil on my Shoulder」
        「Sealed」
        「Won't Let Go」

北欧フィンランドの“ヨン様”ことJonne Aaron率いるNegativeの4枚目のアルバムですが、めちゃくちゃ凄みのあるジャケットですね(苦笑)

2作目までは美形ボーカルであるJonneのビジュアルばかりに注目が集まっていましたが、前作の『Anorectic』で男っぽくイメチェンし、音も骨太な感じを打ち出していたところでのニューアルバム。さらにロック好きの私には良い感じに進化しています。

音も北欧系だったことを忘れさせる位に、ストレートで骨太のロック。さらにボーカルも前作以上にシャウトして、これまたヨシ! そしてこれまではボーカル以外の音には注意が向かなかったのですが、今回はギターが頑張っちゃってます。ギターが一人脱退してしまった影響なのか、ところどころでギターがこれまた良い感じで唸りをあげています。

まだ4枚目ですが、間違いなくこれまでの最高傑作です。ジャケの“ヨン様”のどアップ、そしてその眼力がその自信の表れってところですかね。
プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。