スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leaving Through The Window / Something Corporate

<< “エモ”初体験? >>

Leaving Through The Window / Something Corporate


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「I Want To Save You」
      「Punk Rock Princess」

最近CDショップに行くと良く見かける “エモ”、“スクリーモ” という文字。ジャンルに全く無頓着な私(ちょっとは気にしろよって感じですが)にはあまり関係ないのですが、chibita66さんのところで紹介されていたJack's Mannequinのアルバムが気になって、一緒にこのアルバムも購入しました。

※ちなみにSomething CorporateのボーカルAndrew McmahonのソロプロジェクトがJack's Mannequinです。

初めはJack's Mannequinが主だったのですが、いざ聴いてみると...

   こっちの方が良いじゃん!!

Jack's Mannequin比べてこっちの方がロック色が強いので、Andrew Mcmahonのピアノの音は全く目立ちませんが、ロック好きな私には完全にツボですね。

ところで “エモ” ってこんな感じなの???

ちなみにウィキペディアでは次のように書かれています。


<エモ:エモーショナル・ハードコア>
エモーショナル・ハードコア は、音楽の形態の一種である。略称は「エモコア」。特徴としては疾走感溢れる演奏に、情緒的なボーカルを乗せるといったスタイルである。こちらもメロディック・ハードコア同様、ハードコアから派生したジャンルであり、ポスト・ハードコアと呼ばれることもある。 しかし、これは日本独特の言い方で、実際はハードコア・パンクからの派生ではなくパンク(オリジナルパンク)からの派生であるため、海外ではエモーショナル・パンクと呼ばれるのが一般的である。 また、近年ではエモコア的な演奏にシャウトを盛り込んだスクリーモといったようにエモコアから派生したジャンルも誕生している。

<スクリーモ>
エモに特徴づけられる疾走感やポップなメロディラインにスクリーム、つまり絶叫するように歌うボーカルをさらに加えたものである。一つの曲の中に美しいメロディを歌うパートと絶叫するパートが混在していたり、曲ごとに分けるものとがある。
代表バンドに挙げられるのは、ザ・ユーズド、ストーリー・オブ・ザ・イヤー、フューネラル・フォー・ア・フレンド、サーズデイなどがある。アット・ザ・ドライヴ・インが元祖であるともいわれている。


う~ん、良くわかりませんね(笑)

まぁ、ジャンルなんて後からとってつけたようなものですから、あまり無理にジャンル分けなんかしないで、良い音楽を聴き続けることにしましょう!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おぉっと!
Something Corporate買ったんですかー^^
正直1番自分が好きなバンドですw
Leaving Through The Windowは本当に
傑作でしたねー
個人的には<Fall>がむっちゃ好きです。ためて、ためて・・・爆発!なトコがw
今度6月にDVDが出るので
楽しみです(>(ェ)<)

chibita66さんへ


コメントありがとうございます。

絶賛していたんで、つい買っちゃいましたよ。でも買って良かったです。

エモとかスクリーモとかは分からないけど、この爽快感は良いですね。
プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。