スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Holy Bible / Manic Street Preachers

<< マニックス史上、一番不幸だったアルバム >>

Holy Bible / Manic Street Preachers


おすすめ度:★★★★★
おすすめ曲:全曲(...選べません...)

私の愛してやま...(くどいので割愛w) Manic Street Preachersの3作目です。

ぶっ飛んだ1作目で華々しくデビューし、2作目でちょっとだけ大人しくなったと思ったら、3作目で問題作です。難解なコンセプト、難解な歌詞、音はこれでもかって位に攻撃的、そして全体的に流れる痛々しい感じ... この頃にはギター兼マニックスのアイデンティティであったRichieは心身ともに病んでいて、それがそのまま曲に現れています。

しかし当時はNirvanaの全盛~Kurt Cobarnの死というのもあいまって、この巨大な力を秘めた問題作はアメリカでもくすぶり始めていました。マニックスもアメリカ進出!! 意気込んでアメリカでプロモーションしようとしたさなか...

   リッチーエドワーズ失踪!!

忽然とホテルから消えてしまいました...

あれから10年以上経ち、マニックスはイギリスの国民的なバンドとなりましたが、未だにRichieの影を引きずり、そしてこのアルバムは“マニックス史上最強”と言われるようになりました。

もし最近のマニックスを聴いて気に入ったならば、このアルバムも含めRichieがいた頃の3作品も聴いて欲しいです。恐らくもっと思い入れが深くなると思いますので...



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。