スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「Death Note - The Last Name」

すでに一ヶ月以上...ほぼ2ヶ月前に観たのに、書き込むきっかけもなく今日まで来てしまいました。(ちなみに観たのは初日w)

そんな事で遅ればせながら「Death Note」です。

前編では主要人物および「デスノート」の紹介といった感じで、劇画っぽいんだけどストーリーに深みが無いために、「こんな映画もありかぁ~」程度の感想しかありませんでした。

しかしその前編の軽さ故に、後編に対する期待も大きくなるのもまた事実... 主人公の夜神月と“L”と頭脳戦の結末はいかに?!

...と、再び劇画タッチに書いてみました。

実際にかなりの期待をして観ましたが、今回はその期待を裏切ることはなく、十分に面白いストーリー展開だったと思います。特に主人公の二人の心理描写は、前作より数段上ですね(その中でも“L”の描き方は良いです)。ラストの良い意味での裏切りも、ちょっと想像つきませんでしたからね。

敢えて難癖をつけるとすれば、“第2のキラ”の扱いが主人公の二人に比べて雑だったかなぁ~ ちょっとキャラクター的に薄いような気がします。

でも前編に比べたら“映画”として評価できますので、前編を観たけど後編はどうしようか迷っている人は、後編も観ておいた方が良いと思います。また前編を観てなくて後編だけ観ようとしている人は、明らかに魅力が半減しますので、必ず前編を観てからにして下さい。

それと既に観た人は、結末を他の人に言うのは絶対にやめましょう(笑)

スポンサーサイト

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デスノート

まあまあおもしろいです。 死神は映画館の大画面ならなんとかみれますが、正直いって

DEATH NOTE デスノート the Last name

前編のラストで、主人公の夜神月(やがみライト)の前に正体を現わしたL(エル)は、デスノートのルールを駆使して捜査の手から逃れようとする月(ライト)を追い詰めていく。後編ではもう一冊のデスノートが登場

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。