スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fire Up the Blades / 3 Inches of Blood

<< HM/HRにおけるヴォーカリストの位置付けに関する考察 1
               ~ ハイトーンボイスの有利点と不利点 >>

Fire Up the Blades / 3 Inches of Blood


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Night Marauders」
        「The Goatrider's Horde」
        「Damon's Blade」

HM/HRと言われたらどのような音楽を想像するのでしょうか?

   ・耳の鼓膜が破れそうな大音量でガー、ガー騒いでいる音楽
   ・ひたすらギターを弾きまくっている音楽
   ・レザージャケットに身を包んだ、強面の人たちがやっている音楽
          ・・・・・

別に、ここでHM/HRの定義を行うつもりもありませんし、出来ませんが(苦笑)、更新が滞っている間に購入したHM/HRのアルバムでとりわけヴォーカルに注目したいのが数枚あったので、立て続けに紹介しようというわけです。

まずは 3 Inches of Blood。ヴォーカリストは男2人のツインヴォーカルです。男2人のツインヴォーカルというと、Linkin Parkが思い出されますが、Linkin Parkの場合はMike Shinodaの方はヴォーカリストのイメージは低いですね。そんな比較的なれな男2人のツインヴォーカルですが、この3 Inches of BloodはJamie Hooperがデスボイス、Cam Pipesが“超”ハイトーンボイスという、ものすごい個性的なスタイルを持った2人がヴォーカルをとってます。

おまけにこのCam Pipes、“超”ハイトーンボイスと書きましたが、本当にJudas PriestのRob HalfordやAcceptのUdoばりのボーカルスタイルなので、楽曲の中でも際立っちゃってます。おそらく大した曲じゃなくても、この2人のヴォーカルで誤摩化されている部分もあるかも知れません。逆にバンドの音があまり気にならないというか、あまり関係ないというか...

やはりヴォーカルはギターやシンセサイザーといった楽器に比べ、身近にある音なのでその分、効果というか影響は何倍も大きいのかも知れませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。