スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dark Passion Play/ Nightwish

<< HM/HRにおけるヴォーカリストの位置付けに関する考察 6(最終回)
        ~ カリスマボーカルの脱退によるバンドへの影響について >>

Dark Passion Play/ Nightwish


おすすめ度:★★★??
おすすめ曲:「Bye Bye Beautiful」
        「Amaranth」

正直に言います。ここまでの<<HM/HRにおける~>> の特集は、このアルバムの記事を書くために続けていました(^_^;)

そう、バンドの顔であり、そのオペラチックな歌唱法はHM/HRでは異質かつバンドの象徴でもあったTarjaが脱退(解雇?)したNightwish、新たにAnnetなる女性ボーカルを迎えてのアルバムが発売されました。

不安感と期待感が何とも入り混じった状態の中、いざその音を聴いてみると...

     ?????????????

NightwishのようでNightwishでない?? あのTarjaを引き継いだボーカリストだから、少しは声に特徴があると思えば、全くもって普通!! 恐らく他の人が作った曲ならNightwishとは気付かないかも知れません。

しかし“他の人が作った曲なら”というのがミソ。バンドのキーボードで曲作りの中心にいるTuomasが、その手腕を遺憾なく発揮して、まさにNightwishらしい楽曲を作っているため、本当に“Nightwishらしい”曲が並びます。1曲目の“The Poet And The Pendulum”なんて約14分の大作で、まるで『どうだ、これで文句が無いだろう』みたいな、力ずくで聴く人に納得させているような感じさえ受けます。

こうなると本当に評価しにくいですよね。曲は良いけど、ボーカルの期待度が高過ぎるために、全体的な評価を引き下げてしまう... やはりこうなったら、別のバンドとして納得させるしかないのかな~??

特にTarjaのボーカルに魅せられた人(私を含む)にとっては、かなり厳しいアルバムなのかも知れません。しかしそこを割り切って聴けば、非常に良く出来たアルバムです。その証拠にヨーロッパでは大ヒットしているらしいですからね。
スポンサーサイト

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Nightwish - Dark Passion Play

 インターネットによるニューアルバムの先行流出っつうのはどうしようもないものなのかなと思うくらいにアーティストの新作音源がCDリリース前にネット上で転がっているっていう状況。ミュージシャン側からしたらとんで

コメント

非公開コメント

うんうん…

全くおっしゃる通りで…。こないだそのアネットの歌ったライブを聴いたんだけど、いや、ライブだとターヤの頃の歌もやってるワケですよ。だがしかし…、余計に幻滅…。相当巧いんだけどねぇ、やっぱあの世界観は強烈過ぎた。多分数年後にはターヤが戻ってきていると予測してるんだけどねぇ。

フレさんへ

そう言えば、“生Annet嬢”を見てきたんですよねぇ~

やはり違うバンドなのでしょうかね...

Tarja復活に関しては、むしろTarjaが別のメンバーでHM/HRをやる可能性の方が高いかな?
プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。