スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gambling with the Devil / Helloween

<< 季節物...ちょっと遅いか (*_*;) >>

Gambling with the Devil / Helloween


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Kill It」
        「The Saints」
        「Fallen to Pieces」

季節はすっかりハロウィン一色...って、もうとっくに終わってますね(苦笑)

明らかにこの時期に発売日を合わせたのでしょうが、Helloweenのニューアルバムが出ました。

前作の「Keeper of the Seven Keys - The Legacy -」が、超大作(詳細は こちら)だったので、それから2年も経っているのですが、若干の余韻のある中(ライブ盤も出ましたからね)での発売。まさに期待と不安の葛藤です。

それもジャケの雰囲気が「Better Than Raw」的な “カボチャは何処?” な感じ、さらに発売前のレビューでは “Push” と並ぶ、ブルータルな曲(結局は“Kill It”でした)が収録されるということで、伝説(Legacy)の後にどのような路線に進むかと思いきや...

   こてこてのハロウィンやんか!

イントロから“Kill It”への流れは、確かに「Better Than Raw」的な作りですが、一度体験しているので、これといった衝撃は無く、おまけに2曲目以降は典型的な “Helloween節” のオンパレードです。こうなると、ある意味マンネリ、ある意味鉄板ですね。

ギターのヴァイキー(Michael Weikath)はまさにHelloweenらしい曲を書き、アンディはHelloweenサウンドなんだけどちょっと捻った “Helloweenサウンド、アンディ風” な曲を書いてます。そして面白いのが前々作(「Rabbit Don't Come Easy」)から加入したギターのサッシャ(Sascha Gerstner)の書いた曲が、見事なまでにHelloweenサウンドなところ。これで若い後継者が出来て一安心ってところかなw

Legacy後なので、若干構えてしまうところがありますが、全く問題なし。何処を切ってもHelloween、まるで金太郎飴状態ですので、素直に耳を傾けましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。