スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Condition Critical / Quiet Riot

<< また一人惜しい人を亡くしましたよねぇ...(涙) >>

Condition Critical / Quiet Riot


おすすめ度:★★★★☆
おすすめ曲:「Mama Weer All Crazee Now」
        「Party All Night」

Rattがブレイクするちょっと前、まさにLAメタルブームの引き金を “Cum On Feel The Noize”という名カバー曲で引いたのが、このQuiet Riot。80年代に洋楽を聴いた人ならば誰しもが聴いたことがあるフレーズでしょう。

そんな大ヒット曲を生み出した、これまた大ヒットアルバム『Metal Health』に続くアルバムです。(大ヒットアルバムを取り上げないあたりが、このブログの特徴...ナンテねw)

前作が売れ過ぎたせいか全く見向きもされなくなったアルバムですが、その勢いと音は全く変わっていません...というか、変わったところが無ければ聴く意味ってあまり無い?! おまけにジャケットも変化が無いときたら、行く末は見えてますね(苦笑)
<=ちなみ『Metal Health』はこんな感じ

こんな過小評価されてしまったアルバムですが、前作と同じな分、音自体は非常に聴きやすいポップメタルです。ファーストシングルの“Mama Weer All Crazee Now”も一度聴いたら頭にこびり付いてしまうようなフレーズの繰り返しで、同じSladeのカバー曲で二匹目のドジョウといきたかったところなのですが...まぁ、世の中そんなに甘くないということですかね。

そして本当に残念なことにヴォーカルのKevin DuBrowが年末にドラッグのオーバードーズで亡くなってしまいました。また一人、80年代のメタル最盛期の象徴とも言える人がいなくなってしまったようで、淋しい限りです...(泣)

(追記)
Quiet Riotと言えば、名ギタリストRandy Rhoadsも失っているんですよねぇ...
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

合掌!

クワライってったらもう、ねぇ…。あの時代の筆頭で、こんなにルックス悪くても売れるアメリカは凄いと思ったくらいだなぁ。しかし個性的な声でした。そしてスレイドのまんまコピーがあれだけ受け入れられるというのも凄い。

フレさんへ

「こんなにルックス悪くても売れるアメリカは凄いと思った」って...まぁ、分かりますがw

スレイドのカバーも、今思えばあんなにバカ売れするなんて信じられないですよね。それだけみんなが陽気で楽しかった時代だったってことなのかな?
プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。