スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「レッド・クリフ」

本日は子供の日。

私は明日から仕事なので、GW最終日
(あっ、ただし私にGWは関係ないw)

ただし雨...

雨の日は引きこもりになってしまうので、「今日のiPod Touch」はなし。

その代わり、久しぶりにPCから記事の書き込みです。

ということで(どういうこと?)、レッドクリフを観ました。

レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラックレッドクリフ オリジナル・サウンドトラック コンプリート・アルバム

※リンク先はいずれもサントラ盤です(右がPartI、左がコンプリート盤)

正直に言って、日本史にしても世界史にしても、歴史には全く興味が無いので、『三国志』についてはタイトルを知っているだけど、内容に関しては全くの無知。そのためPartIを観る時に若干の戸惑いはありましたが...

   いかにもジョン・ウーだけど面白い!!

PartIは人物紹介も兼ねているので、展開が非常にめまぐるしいですが、日本人の心にマッチしているのか、やはり「柔よく剛を制す」的な話は良いですね。一種の爽快感があります。数少ない兵士を率いて、奇抜な作戦で大軍を仕留める姿は、分かっていてもただただ感心するばかりです。あまりにも作戦がハマりすぎちゃっている&武将達がずば抜けて強いとも言えなくないですが、まあそこは映画ですから...w

そしてPartIIです。完結編です。そして最後は簡単に読めますw(ここも「柔よく剛を制す」です)

だからPartIを観たら、必然的にPartIIを観なくてはならないのですが...

   後味悪~

戦争物の宿命? アメリカの戦争映画(一部メッセージ性の強いものは除く)は最後には強いアメリカが勝つ!!というのがオチなので、観ていて勝った!!ってなるんですが、そこはアジア映画、止めを刺すことはしません。色々な作戦をたてて戦うんですが、主役級の人達はみんな生き残って、死んでいったのはエキストラの皆さん一般兵、そしてラストでは戦った後の惨状が映し出される... 爽快感0ですね。最後に草原で孔明に仔馬(孔明がお産を助けた)を渡すシーンがありましたが、それだけじゃ、この虚しさは晴れませんね。おまけに良く考えれば、孔明は戦場に出向いていないわけで、これだけ主役級に扱われてしまうと、何か理不尽なものを感じてしまいます。

監督がジョンウーなだけに、アクションシーンや音楽などはエンターテイメントを十分に感じさせるものではありましたが、逆に華麗さと悲惨さがお互いを強調し合っちゃったかなって感じです。

でも、日本でちょっとした三国志ブームになっていることを考えると、まあ制作および配給会社の作戦も、孔明ばりに大成功だったということでしょうかね(笑)

あっ、くれぐれもPartIIだけ観に行かないで下さい。必ずPartIを観て予習をしてから映画館に行ってください。きっと訳の分からないまま終わってしまいますww

レッドクリフ Part I コレクターズ・エディションレッドクリフ Part I コレクターズ・エディション
(2009/03/11)
トニー・レオン金城 武

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「レッド・クリフ」

本日は子供の日。 私は明日から仕事なので、GW最終日 (あっ、ただし私にGWは関係ないw) ただし雨... 雨の日は引きこもりになってしまうので、「今日のiPod Touch」はなし。 その代わり、久しぶりにPCから記事の書き込みです。 ということで(どうい...

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。