スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

five feet...no inches / pintSIZE

<< キャッチーなパンクサウンド...その正体は >>

five feet...no inches / pintSIZE
pintaize


おすすめ度:★★★☆☆
おすすめ曲:「My Fist / Your Face」
        「Milkshake」
        「Lesbotronic」

女性ボーカルPintをメインにしたパンクバンドのファーストアルバムです。メンバーはPintの他にK-Nasty(B)、Dick Image(G)、Chachi(D)というシンプルな構成。音もとってもキャッチーで明るいパンクサウンドです。

以上????

何も知らずにこのCDが店頭に並んでると、大した印象を受けないでしょう。そして音を聴くと、無名なバンドのくせに妙に出来上がった音と、ギターテクニックの不釣合いが気になるはずです。

そう、実はギターのDick Imageっていうのは、あの泣く子も黙るPaul Gilbert!(元 Mr.Big)

pintsize2


Paulのユーモアセンスと作曲、ギターテクニックがオープニングから炸裂しちゃってます。そのセンスは次のカバー曲にも垣間見られます。

まずはJudas Priestの「Eat Me Alive」

これも泣く子も黙るメタルバンドの傑作アルバムの中の1曲です。この曲はまあ妥当な選曲ですかね。

次はPaula Abdalの「Straight Up」

この曲が流行ったのはもう何年前になるんでしょう... 一時期、大ブレイクしたPaula Abdulのナンバーワンヒットです。原曲はポップなダンスチューンですが、全くその雰囲気はありません。選曲もさることながら、このアレンジは...さすがです。

最後にKelisの「Milkshake」

サビのフレーズが印象的なR&Bの大ヒット曲です。これまた原曲のイメージは完全に破壊されてます(笑)

Paulを知っている人はもちろんですが、知らなくても十二分に楽しめる内容ですので、ぜひ!!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。