スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年のお気に入り

今年も残りわずかとなりました。

ということで(どういうことで??)、ここで2005年のお気に入りを、まさに“徒然”と書き込んでみます。

・Aerial / Kate Bush


やっぱり今年の1枚と言えばこれでしょう。12年ぶりのニューアルバム。そしてクオリティの高さ。特に2枚目の曲の展開は神業に近いかも知れません。ただしお陰で今年発売された他のアルバムの影が薄くなってしまいましたが...(苦笑)

・Avant que l'ombre... / Mylene Farmer


これも久しぶりのアルバムでしたね。まさに『Mylene復活!』を思わせる楽曲&PVです。ジャケットもますます過激になっていきますが...

・Lifeblood / Manic Street Preachers


いまやすっかりイギリスロック界の大御所となった感があるマニックスの最新アルバム。まったく期待を裏切らない楽曲は、マニックスに対する思い入れを除いても奇跡に近いものがあります。きっとこれからも素晴らしい楽曲を聞かせてくれることでしょう。

・See You On The Other Side / Korn


これははっきり言ってやられました(笑) ジャケットの “キモ可愛さ” は満点です!(ちなみに壁紙はこのジャケットですw) 音の方も激しい中に垣間見られる、キャッチーなメロディー。“問題作”とも言われているようですが、私は久しぶりの “快作” だと思います。

・X & Y / Coldplay


いや~、COLDPLAY、今回もやってくれました。まさに “王道” といった感じです。全世界が待ち望んでいた音を、期待通りに作り上げる能力は脱帽です。“商業的”とも言われますが、良いものは良いんです!

・Don't Believe The Truth / Oasis


“OASIS復活か?!”と言われたこのアルバム、1作目、2作目が名盤となってしまっている彼らにとっては、非常に辛い立場なのでしょうが、きっと他のアーティストがこのアルバムを作ったら大絶賛されていることでしょう。本当に名曲揃いです。特にラストを飾る「Let There Be Love」は涙物です。(シングルカットされましたね)

・Mezmerize + Hypnotize / System Of A Down




私としてはSOADのこのアルバムは “惜しい!!” って感じです。中型の爆弾が2個、それも半年の期間をあけて投下されたような感じなので、衝撃が半減してしまった感があります。これが同時に落下されたなら...物凄い衝撃波だったでしょうね。このテンション&パワーは今年のナンバーワンです。

・Angel Of Retribution / Judas Priest


昔からのファンとすれば涙の復活劇でしょう。もう二度と見られるとは思っていなかった、オリジナルのメタルゴッドの復活劇です。アルバム自体は “無難に仕上げた” という感じですが、このアルバムは発売されたことに意義があります。期待は次作です!!

・Keeper Of Seven Keys -Legacy- / Helloween


このアルバムは “よく頑張ったで賞” ですね(笑) ここに来てKeeperの名を付けたアルバムを出すとは想像もしていませんでしたが、期待を裏切らない素晴らしい楽曲&構成です。Keeperという冠のお陰で、その素晴らしさが半減しています(素晴らしいのが当たり前というのがありましたから)が、本当に良く頑張って作ったと思います。(ジャケットはいただけませんが...)

・ロッキンポ殺し / マキシマム・ザ・ホルモン


最後に意外(?)な一枚。今現在はまりにはまっている、マキシマムザホルモンのメジャー第一弾アルバムです。バンド名、ジャケット、タイトルとどれをとっても色物バンドのように見えますが、実態は全く違います。確かに楽しんでいるところはありますが、テクニックは半端じゃありません。きっとRed Hot Chilli Peppersが好きな人にはたまらないでしょう。そして最近ライブDVDが発売されました。これがまたスゴイ! こんなライブ行ってみた~い!!

本も3冊ほど取り上げてみましょう。(今年はあまりインパクトのある作品に出会えなかったような)

・『自殺自由法』 戸梶圭太


重厚なタイトルとシンプルな装飾から、知らない人が見ると重~い本のように思えますが、著者が戸梶圭太!! 内容はこれでもかって程のバイオレンス作品です。ただこの設定が面白い。政府によって自殺が自由に認められる社会...何でもないようですが、考えるとかなりゾッとします。

・『博士の愛した数式』 小川洋子


これはハードカバーで出版されたのは去年ですね。しかし来年の映画の公開に合わせて文庫本が発売されました。事故のために記憶がわずかしか残せなくなった数学博士と家政婦とその息子の物語。お互いを慕う思いと、対照的な無機質な数式。そして次第にこの無機質な数式が違って見えてくるから不思議です。

・『ララピポ』 奥田英朗


『インザプール』で直木賞をとった奥田英朗の最新作です。本当に楽しい本です。この写真ではちょっと分かりにくいですが、表紙&内容はちょっとHです。でもこの短編集が一つにつながっているという構成にやられました。この手の作品は流石に上手いですね。

映画も3作ほど...今年はあまり観なかったなあ~

・「スターウォーズ エピソードIII」


スターウォーズの前半の完結編でもあり、エピソードIVへのつなぎでもあります。私的にはスターウォーズシリーズの中でも傑作だと思います。ラストシーンはグッとくるものがありましたね。やっぱり全編DVDをボックス販売して欲しい!!!

・「親切なクムジャさん」


※DVD発売されていないので、リンク先は小説です。

「復讐者に憐れみを」「オールドボーイ」に続く、“復讐”シリーズ3部作のラストです。でもこの3作目にイ・ヨンエを持ってくるのは、少し卑怯な気もしますね。清純なイメージのイ・ヨンエが復讐に燃える悪女を演じるというのですから、おのずと期待感は高まってしまいます。でもその“飛び道具”にまんまとはまってしまいました(笑) 過去の2作も含めてお勧めです。

・「スカーレットレター」


内容はともかく、やはりこの映画はイ・ウンジュでしょう。何故、これだけの演技をしながら、死に急いでしまったのか...不思議でしょうがありません。単なるアイドル女優ではなく、演技が出来る女優として活躍して欲しかったですね。


最後に特別賞(笑)

・物語はふるさとのように遠い / 富岡多恵子


今年発売されたCDではありませんが、このブログをきっかけにして知り合えました。こんな強烈な詩の世界があるんですね~


ということで(どういうことで??)、今年はこれでお終い!

来年もこんな感じで書き込みしますので、興味があったら立ち寄って、気が向いたらコメントを書き込んでくれると嬉しいです。

ちなみに私の今年の十大ニュースのトップは、このブログを始めたことかな...

スポンサーサイト

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ララピポ」奥田英朗著、読んでみました 。

 「ララピポ」奥田英朗著、読んでみました 。  この作品は「ドラマだなあ。登場人物全員が負け組み。更には・・・・・マニアも負け組み。ルーザーの祭典ですよ。いやあ、世界中の人に見せたいなあ。東京の片隅に、こんなにも凄まじい負け組みのドラマがあることを

コメント

非公開コメント

なるほど~

…って思って、そして他にもいくつか同じようなブログを見て、いくつか入手して聴いてみました。こういう時発展的且つ近代に強い音楽を書いている人がいて助かります♪

Coldplay:X&Y
う~む、もっとロックなバンドかと思ってたら意外や意外。U2みたいな感じでクールですね。結構かっこいいっす…。

それと、ここにはないけどThe White Stripってのも聴きまして…、コレ、ヘン(笑)。今度はコーンに挑戦してみようかな…。

フレ さんへ


コメントありがとうございます。

“近代”とは何とも言いがたい感じですが、参考にして頂けたようで、嬉しい限りです。

Coldplayは良いでしょう。まさにグラミーの常連、王道そのものです。

The White Stripesの『Get Behind Me Satan』は、結構今年のNo1アルバムに取り上げられていましたね。私的にはこのアルバムも良いですが、その前の『Elephant』の方がインパクトが強くて好きですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おひさしぶりです。

こんばんわ、今日KORNの新譜を試聴してきました。
初KORNの印象は
「ジョナサン・デイヴィスの声もカッコいいし、ポップでキャッチーで良い感じ」でした。
でももう少しパンチが欲しかったです。
KORN自体に興味は湧いたので、過去の作品をさかのぼってみようと思います!
僕もcoldpray好きですよ♪

ライオンさんへ


コメントありがとうございます。

“もう少しパンチが欲しかった”ですか...確かにSOADのような派手なパンチではなく、後から効いて来るようなボディブローって感じでしょうか。

博士の愛した数式

この前映画を見ました。
数式にこんな意味があるなんて~
心温まります。
映画が、すごくよかったので、
文庫本も買っちゃいました。
まだ途中までしか読んでないけど、
映画のシーンが浮かんできます。

くらみ さんへ


こちらもコメントありがとうございます。

映画観たんですね。羨ましい~!

今日はちょっと時間があるし、内容も期待して良さそうなので、久しぶりに映画を観ようかな...

観たら書き込みしますね。
プロフィール

Hiroshi-K

  • Author:Hiroshi-K
  • 「No Music, No Life」な生活をしている、中年の域にドップリ漬かった会社員(♂)です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
訪問履歴
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。